{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

富山県のお役立ち情報

富山県の概要

富山県は、本州の中央北部にある都道府県で、俗に言う北陸3県のひとつです。
三方の山々に囲まれた富山県は、「富める山」という県名が指すように、3000m級のダイナミックな山が連なる日本屈指の山岳地域です。
富山県は長野県・新潟県・岐阜県・石川県と隣接しており、長野県との県境には有名な北アルプスがあります。
北アルプスの中でも人気の立山連峰は、多くの登山家を惹きつける神聖な魅力があり、県内外から多くの登山家や観光客が、壮大な景色を見に訪れます。

2015年度(平成27年度)時点の富山県の人口は、約107万人です。
年齢別人口は65歳~69歳がもっとも多く、約9万3000人となっています。
一般的に高齢者と言われる65歳以上の人口の割合は約31%で、他の都道府県と同様、年々高齢化が進んでいます。

富山県の特徴

富山県の特徴は、魅力的な山々だけではありません。
富山県はチューリップ球根の出荷量が日本一を誇り、県花としても指定されているチューリップは、約35の品種が栽培されています。
4月下旬になると、砺波(となみ)地方をはじめ各地で色とりどりの花のじゅうたんが見られます。
毎年砺波市で行われる「となみチューリップフェア」は富山県を代表するチューリップイベントで、約300万本ものチューリップを見るため、県内外から多くの人々が訪れます
富山伝統の定置網漁法(ていちあみりょう)による漁業も非常に盛んな県です。
富山県は豊富な電力と水、充実した物産・交通網、ものづくりの伝統などから、日本海側屈指の産業地帯として優れた製造拠点があります。
富山の定置網漁とは、網を海中に常設して、回遊魚を獲る方法、約400年の歴史があります。
現在、富山県の沿岸漁業では、生産量の8割以上を定置網漁法が占めています。
また、薬の配置販売については300年の歴史と伝統を有しており、富山県の代表的な地場産業として、「くすりの富山」という呼び名とともに全国で知られています。
富山県は、薬品製造のさらなる成長や新たな産業を育成して奨励し、「ものづくり県」としての成長を目指しています。
「富山県ものづくり研究開発センター」では、ものづくり製造奨励の基盤として、企業や大学とともに新しい産物や新しいノウハウの研究を行っています。

富山県の健康・医療

富山県では県民の高齢化が進み、診療・介護サービスのリクエストが増加し、患者おのおのの状態にふさわしい適正な診療を効果的に提供する体制が求められています。
富山県では入院診療など全体の医療を補強して、在宅医療や介護サービスを充実させるための取り組みを行う予定です。
2018年時点の調査では、富山県内にある病院数は107院、一般診療所数は628院です。
富山県内で国立病院機構に所属する病院は、富山病院(富山市)と北陸病院(南砺市)の2院です。
富山県の人口10万人あたりの病院数は10.03院、病院病床数は1510.7病床となっており、全国平均を上回る病院数・病床数があります。
ただ、データ上で病院数や病床数が豊富にあっても、病院が自宅の近くにあるとは限りません。実際病気やケガをしたときに一番近い病院はどこなのか、一般診療所はあるのかもふまえて、有事の際に頼れる身近な医療体制を確認しておきましょう。

富山県の暮らし・家計

富山県民の平均賃金年収は約279万3000円で、全国の平均賃金約306万2000円を下回っています。
平均賃金は全国以下ですが、富山県は雇用者のうち正規の職員・従業員の割合が全国で2番目に多く、安定した雇用を実現できているという特長もあります。
また、「ものづくり県」らしく、製造業や建設業などの第二次産業に就く人の割合は全国で1番多くなっています。
このように、ものづくり県としての就業状況が特徴的な富山県ですが、他にも「富山型デイサービス」と言われる充実したデイサービスの存在や、図書館の多さ(全国4位)、全国でも上位に位置する学力の高さ(小学校全国4位/中学校全国4位)など、さまざまな自慢があります。
人口減少と高齢化という2つの問題を抱える富山県では、次世代のものづくりを支える子どもたちを育てるため、子育て環境の充実、基礎学力の向上を目指しています。
また、富山県のその一環として「とやま化学オリンピック」という催しを行い、子ども達の科学に対する関心を高めて才能・論理的思考力を養います。富山県では、演劇拠点としてプロでもアマでも演じることができる国際的な演劇コンクールが開催されるなど、文化面でもユニークな取り組みがされています。

保険コラム「80歳以上でも保険に入れる!?」

日本の総人口は、平成27年(2015年)時点で約1億2709万人であり、うち26.6%の3347万人が65歳以上の高齢者です。
厚生労働省の簡易生命表によると、平成27年(2015年)時点の日本人の平均寿命は男性が80.77歳 女性が87.01歳あり、依然として長い平均寿命を誇っています。
日本人の長寿が進む中、加入年齢の上限を広げた保険商品が登場しているのはご存知でしょうか。
医療保険、死亡保険など保険の種類により契約者の加入年齢の限度は異なりますがどの保険も「加入できるのは満〇歳まで」という年齢制限が設けられています。
そのため、高齢者は年齢によっては、「加入したい保険があるけど、加入年齢の上限を超えているため加入できない」ということがあります。
高齢者でも検討できるよう、加入年齢の上限を広げた高齢者向き保険商品、持病のある方向けに引受基準を緩和している保険商品があります。
そのため、「この年齢だから、保険加入はできない」「持病があるから」などあきらめていた方、ご家族用に検討されていた方も、この機会に加入できる保険がないかどうか、改めて探してみてはいかがでしょうか。

  • 2019年10月9日更新

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

富山県のお役立ち情報

  • 富山県の概要

    富山県は、本州の中央北部にある都道府県で、俗に言う北陸3県のひとつです。
    三方の山々に囲まれた富山県は、「富める山」という県名が指すように、3000m級のダイナミックな山が連なる日本屈指の山岳地域です。
    富山県は長野県・新潟県・岐阜県・石川県と隣接しており、長野県との県境には有名な北アルプスがあります。
    北アルプスの中でも人気の立山連峰は、多くの登山家を惹きつける神聖な魅力があり、県内外から多くの登山家や観光客が、壮大な景色を見に訪れます。

    2015年度(平成27年度)時点の富山県の人口は、約107万人です。
    年齢別人口は65歳~69歳がもっとも多く、約9万3000人となっています。
    一般的に高齢者と言われる65歳以上の人口の割合は約31%で、他の都道府県と同様、年々高齢化が進んでいます。

    人口の出典:
    「平成27年度(2015年度)国勢調査」「人口等基本集計結果 結果の概要」(総務省統計局)
    「人口等基本集計結果 結果の概要第2部」

  • 富山県の特徴

    富山県の特徴は、魅力的な山々だけではありません。
    富山県はチューリップ球根の出荷量が日本一を誇り、県花としても指定されているチューリップは、約35の品種が栽培されています。
    4月下旬になると、砺波(となみ)地方をはじめ各地で色とりどりの花のじゅうたんが見られます。
    毎年砺波市で行われる「となみチューリップフェア」は富山県を代表するチューリップイベントで、約300万本ものチューリップを見るため、県内外から多くの人々が訪れます
    富山伝統の定置網漁法(ていちあみりょう)による漁業も非常に盛んな県です。
    富山県は豊富な電力と水、充実した物産・交通網、ものづくりの伝統などから、日本海側屈指の産業地帯として優れた製造拠点があります。
    富山の定置網漁とは、網を海中に常設して、回遊魚を獲る方法、約400年の歴史があります。
    現在、富山県の沿岸漁業では、生産量の8割以上を定置網漁法が占めています。
    また、薬の配置販売については300年の歴史と伝統を有しており、富山県の代表的な地場産業として、「くすりの富山」という呼び名とともに全国で知られています。
    富山県は、薬品製造のさらなる成長や新たな産業を育成して奨励し、「ものづくり県」としての成長を目指しています。
    「富山県ものづくり研究開発センター」では、ものづくり製造奨励の基盤として、企業や大学とともに新しい産物や新しいノウハウの研究を行っています。

  • 富山県の健康・医療

    富山県では県民の高齢化が進み、診療・介護サービスのリクエストが増加し、患者おのおのの状態にふさわしい適正な診療を効果的に提供する体制が求められています。
    富山県では入院診療など全体の医療を補強して、在宅医療や介護サービスを充実させるための取り組みを行う予定です。
    2018年時点の調査では、富山県内にある病院数は107院、一般診療所数は628院です。
    富山県内で国立病院機構に所属する病院は、富山病院(富山市)と北陸病院(南砺市)の2院です。
    富山県の人口10万人あたりの病院数は10.03院、病院病床数は1510.7病床となっており、全国平均を上回る病院数・病床数があります。
    ただ、データ上で病院数や病床数が豊富にあっても、病院が自宅の近くにあるとは限りません。実際病気やケガをしたときに一番近い病院はどこなのか、一般診療所はあるのかもふまえて、有事の際に頼れる身近な医療体制を確認しておきましょう。

    病院・病床数の出典:
    「地域医療情報システム」(日本医師会)富山県ページ
    ※2018年11月現在の地域内医療機関情報の集計値

  • 富山県の暮らし・家計

    富山県民の平均賃金年収は約279万3000円で、全国の平均賃金約306万2000円を下回っています。
    平均賃金は全国以下ですが、富山県は雇用者のうち正規の職員・従業員の割合が全国で2番目に多く、安定した雇用を実現できているという特長もあります。
    また、「ものづくり県」らしく、製造業や建設業などの第二次産業に就く人の割合は全国で1番多くなっています。
    このように、ものづくり県としての就業状況が特徴的な富山県ですが、他にも「富山型デイサービス」と言われる充実したデイサービスの存在や、図書館の多さ(全国4位)、全国でも上位に位置する学力の高さ(小学校全国4位/中学校全国4位)など、さまざまな自慢があります。
    人口減少と高齢化という2つの問題を抱える富山県では、次世代のものづくりを支える子どもたちを育てるため、子育て環境の充実、基礎学力の向上を目指しています。
    また、富山県のその一環として「とやま化学オリンピック」という催しを行い、子ども達の科学に対する関心を高めて才能・論理的思考力を養います。富山県では、演劇拠点としてプロでもアマでも演じることができる国際的な演劇コンクールが開催されるなど、文化面でもユニークな取り組みがされています。

    平均賃金の出典:
    「平成30年(2018年)賃金構造基本統計調査 結果の概況」結果の概要 都道府県別賃金(厚生労働省)
    就業状況の出典:
    「平成27年度(2015年度)国勢調査 就業状態等基本集計結果の概要」(富山県)※厚生労働省の国勢調査結果を富山県庁でまとめた内容

  • 保険コラム「80歳以上でも保険に入れる!?」

    日本の総人口は、平成27年(2015年)時点で約1億2709万人であり、うち26.6%の3347万人が65歳以上の高齢者です。
    厚生労働省の簡易生命表によると、平成27年(2015年)時点の日本人の平均寿命は男性が80.77歳 女性が87.01歳あり、依然として長い平均寿命を誇っています。
    日本人の長寿が進む中、加入年齢の上限を広げた保険商品が登場しているのはご存知でしょうか。
    医療保険、死亡保険など保険の種類により契約者の加入年齢の限度は異なりますがどの保険も「加入できるのは満〇歳まで」という年齢制限が設けられています。
    そのため、高齢者は年齢によっては、「加入したい保険があるけど、加入年齢の上限を超えているため加入できない」ということがあります。
    高齢者でも検討できるよう、加入年齢の上限を広げた高齢者向き保険商品、持病のある方向けに引受基準を緩和している保険商品があります。
    そのため、「この年齢だから、保険加入はできない」「持病があるから」などあきらめていた方、ご家族用に検討されていた方も、この機会に加入できる保険がないかどうか、改めて探してみてはいかがでしょうか。

    人口の出典:
    「人口等基本集計結果 結果の概要第2部」
    平均寿命・平均余命の出典:
    「平成27年都道府県別生命表の概況」厚生労働省)
    「都道府県別に見た平均余命」

    2019年10月9日更新