「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/08/23 現在)

福岡市中央区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

福岡県・ 福岡市中央区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

福岡市中央区

PICK UP - 福岡市中央区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社RKコンサルティング
山田 憲一 (ヤマダ ケンイチ)

詳細を見る ›

株式会社RKコンサルティング 山田 憲一
・お客様が不安や不満を解消していただけるようしっかりお話させていただき、お客様と一緒に解決する。 ・1円でも無駄を省き1円でも多く貯蓄できる方法をご提案する。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:離島

株式会社アイ・ティ・コンサルティング
太田 和之 (オオタ カズユキ)

詳細を見る ›

株式会社アイ・ティ・コンサルティング 太田 和之
期待以上の成果を出すことでお客様に感動していただくこと
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • 熊本県

あんしんFPパートナー株式会社
葛 行博 (カツラ ユキヒロ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 葛 行博
激変する社会保障等も含め、幅広く保障を提案
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 熊本県

福岡市中央区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

福岡市中央区対応のFP一覧はこちら

福岡市中央区のエリア情報

福岡市中央区の概要

福岡市中央区の総人口は平成29年3月1日時点で194,793人(男性:86,772人、女性:108,021人)、世帯数は117,959世帯となっています。面積は、15.40km2です。福岡市中央区は福岡市の行政の中心ともいえるエリアで、市役所などの主要施設が置かれています。また、中央区の一地区である「天神」は、大型デパートや百貨店など大型商業施設が集う、九州で最大の商業地です。この他、「福岡市美術館」や「アクロス福岡」といった文化施設も集中しています。
中央区一帯は、平安時代に外国から訪れた客をもてなす施設「鴻臚館(こうろかん)」が置かれるなど、交易の重要地として栄えていました。江戸時代には、黒田長政によって福岡城が築城され、城下町として発展。明治時代には新庁舎が置かれるなど、福岡市発展の基礎を築きました。

福岡市中央区の特徴

福岡城跡一帯は、中央区の代表的な観光スポットです。この一帯のうち、48万m?が国の指定史跡に認定されています。昭和62年には、城跡内から鴻臚館の史跡が発見され、これまでに鴻臚館時代の多くの遺物が出土されています。「鴻臚館跡展示館」では、それらの出土品や復元された鴻臚館を見学でき、古代貿易の重要拠点について学びを深められます。また、国の重要文化財である「福岡城南丸多聞櫓」や、県の文化財である「福岡城祈念櫓」なども、このエリアの見どころとなっています。この他、堀で見られる「ツクシオオガヤツリ」は、福岡県の天然記念物として有名です。さらに、城跡に隣接する「大濠公園」は“水の公園”として親しまれています。
また、福岡ヤフオク!ドームは、プロ野球球団福岡ソフトバンクホークスの本拠地として有名です。ドームの外周には、鷹観世音大菩薩やホーク1世の像など、野球ファンを楽しませるさまざまな建造物があります。またこのドームは、ミュージシャンのライブなど、野球以外のさまざまなイベントにも利用されています。

福岡市中央区の健康・医療

生活習慣病の予防のためには、たとえ数分でも毎日の運動の積み重ねが重要です。そのため、福岡市中央区では、「ちょこっとウォーキング」を推奨しています。その一環として保健福祉センターが作成した「中央区のウォーキングマップ」は、区民の健康づくりに役立っています。
また、保健福祉センターでは、区民の健康診断を行っています。一般の病院では平均1万円近くかかる健康診断の内容を500円で受診することができます。もしも健康診断の結果で異常が見つかった場合には、医療関係者から生活改善のアドバイスを受けることができます。

保険コラム 「引受緩和型保険とは?」

「引受緩和型保険」は、持病や既往症があるなど、健康状態の審査に問題があるなどの理由で一般の生命保険に加入することができない人のための保険です。健康状態に関する審査基準が一般の生命保険の基準よりもゆるく設定されているため、各保険会社がそれぞれ規定する基準に通過すれば加入することができます。しかし、その分、支払う保険料は一般の生命保険よりも高く、保障額も一般の生命保険と比べると少ない傾向にあるというデメリットもあります。
持病や既往症がある場合は、まず加入を検討している保険会社に審査基準について確認しましょう。場合によっては「条件付き契約」など一部条件を付けることで一般の保険に加入できる場合があります。そのため、持病がある方も、まずは一般の生命保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。保険提案に実績を持つファイナンシャル・プランナーであれば、各保険会社の商品の審査基準を比較したうえで、相談者の健康状態に適した保険を探す手伝いをします。
そのうえで、どうしても引受緩和型保険に加入せざるを得ない場合は保険料が高くなる分、家計に与える負担も大きくなるため、計画的な資金計画を練る必要があります。自分で資金計画を考えるのは大変ですが、ファイナンシャル・プランナーに相談すれば、最善のプランを立てるアドバイスを受けることができるでしょう。
既に引受緩和型保険に加入していて、保険プランの見直しを考えている場合も、ファイナンシャル・プランナーに相談すると良いでしょう。ファイナンシャル・プランナーの中でも、複数の保険会社の商品の比較と取り扱いができ、保険相談の実績が豊富なファイナンシャル・プランナーであれば、一人ひとりに合った最適な保険プランを提案します。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ