「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

お知らせ

FP関連ニュース

「国際観光旅客税について」来年1月から出国時に1人1,000円必要に

平成30年度税制改革の消費課税のひとつとして、平成31年1月7日(月)から「国際観光旅客税」が新たな税の制度としてはじまります。

 

国際観光旅客税とは?

 

観光先進国の実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための財源を確保する観点から、新設された税制度で、今後日本からの出国時に1人あたり一律1,000円を税金として納めなければいけません。

チケット代に税が含まれることになりますので、チケットが1,000円値上がりすることになります。

対象者は飛行機または、船で日本を出国する者で、国籍は問いません。

なお、乗継、2歳未満の者、天候などの理由で帰ってきた者については、対象外となります。

 

何に使われるのか?

 

主に外国からの観光客を増やすための政策に使用されます。

国際観光旅客税の使途に関する基本方針によると、訪日外国人旅客者2020年4,000万人を達成する目標を掲げており、達成するための財源を確保するねらいがあります。

 

初年度では60億円の税収を見込み、今後毎年税収が入ります。2019年度以降は430億円の税収と予想されており、その主な使い道としては、

 ① ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備

 ② 我が国の多様な魅力に関する情報の入手の容易化

 ③ 地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等による地域での体験滞在の満足度向上

3つの分野において徴収した税金を充てるとのこと。

 

「国際観光旅客税」について詳しくは、こちらをご参照ください。

出典:平成30年度税制改正(財務省資料)https://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei18/zeisei18_04.pdf

(2018年11月26日に利用)

 

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

ニッセンライフの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ