「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/08/18 現在)

名古屋市北区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

愛知県・ 名古屋市北区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

名古屋市北区

PICK UP - 名古屋市北区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社RKコンサルティング 藤原  良太
プロのファイナンシャル・プランナーとして常に最新の情報を取り入れるよう心がけております。 お客様には解りやすくお伝えするよう心がけております。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 愛知県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:愛知県(豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市、豊田市、瀬戸市、知多郡、西尾市、岡崎市)

あんしんFPパートナー株式会社
尾之内 泰希 (オノウチ ヤスキ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 尾之内 泰希
万が一が起きても一生涯の安心出来る保障と老後の資金についてプランニングより正確に出すこと。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 三重県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:三重県伊勢・熊野エリア,岐阜県飛騨エリア

ブロードマインド株式会社
田中 快志 (タナカ カイジ)

詳細を見る ›

ブロードマインド株式会社 田中 快志
お客様の立場に立ち、真剣にお客様の人生の中で訪れるリスクを早期に発見し、解決策を見つけ出す事だと思っています。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 三重県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:岐阜県多治見市エリア,三重県桑名市エリア

コア・ライフプランニング株式会社
東原 清美 (アズマハラ キヨミ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 東原 清美
生命保険を分かりやすくお話させていただき、お客様の安心と未来を一緒に作り上げていきたいと思っております。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 愛知県
  • 三重県

ファイナンシャルアライアンス株式会社
黒谷 宗和 (クロタニ ムネカズ)

詳細を見る ›

ファイナンシャルアライアンス株式会社 黒谷 宗和
お客様の安心と心の平和のために活動しております。 現在のご契約の内容をしっかり聞き取り、ご理解頂くまで丁寧に説明させて頂きます。 その上で、お客様のご要望を聞かせて頂き、一緒に考え、お客様にぴったりのオリジナルプランを提案させて頂きます。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 三重県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:愛知渥美半島,三重伊勢市以南岐阜西濃,飛騨,恵那以北

名古屋市北区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

名古屋市北区対応のFP一覧はこちら

名古屋市北区のエリア情報

名古屋市北区の概要

名古屋市北区は、愛知県名古屋市内の北側に位置しています。公共機関には、JR中央本線、TKJ城北線、市営地下鉄名城線・上飯田線(名鉄小牧線との相互乗り入れ)、名鉄瀬戸線・小牧線などがあります。また、国道19号・41号、名古屋環状線、名古屋高速1号楠線などの幹線道路が通じています。
名古屋市北区は、庄内川や矢田川をはじめとする大小河川が流れていて、名城公園や志賀公園などの緑豊かな公園に恵まれています。名古屋市北区は、総面積17.53km 2、都市に残る貴重な自然環境を生かしながら魅力的なまちづくりを進めています。
人口は平成29年4月1日時点で163,284人(男性:79,235人、女性:84,049人)、世帯数は76,642世帯となっています。

名古屋市北区の特徴

名古屋市北区では、さまざまな活動による北区の魅力づくりを進めています。その中のひとつ、「ふるさと北文化に親しむ会」では、伝統工芸・文化の魅力を知り、より広く親しむために伝統工芸を体験したり見て触れたりする機会を作っています。
名古屋市北区は、弥生時代には、弥生人の定住がはじまり名古屋の北の玄関として発展しました。北区には貴重な史跡や文化財が多く存在しています。
名古屋市北区には、民間自治体によって考えられた6つの史跡散策路コースがあります。三郷散策コース、御用水跡散策コース、山田の庄散策コース、洗堰探索コース、楠の里散策コース、志賀の里散策コースとあり、それぞれ長さや散策路の内容が異なります。休日となれば、たくさんの人が散策しているのを目にすることができます。

名古屋市北区の健康・医療

名古屋市北区では、毎月名古屋市北区版として「広報なごや」を発行しています。予約制のファミリー教室(三日間コース)や、はじめての歯みがき教室、乳幼児すくすく相談、パパ・ママ教室といった、子育てに必要な情報が掲載されています。他にも、こころの健康相談やうつ病家族相談、HIVや梅毒の検査などの情報も掲載されています。
名古屋市北区は、高齢者支援が活発な地域です。平成28年4月時点で、ひとり暮らしの高齢者数が名古屋市内16区のなかで最も多く、高齢化率も市内で2番目に高くなっています。そのため、平成37年(2025年)をめどに、高齢者が可能な限り安心して住み慣れた地域で過ごせるように「地域包括ケアシステムの構築」が進められています。また、いきいき支援センターでは、保険・医療・福祉といった関係機関と連携をとりながら相談支援も行っています。

保険コラム 「傷害保険の対象となるケガの種類」

傷害保険の対象となるケガは、「急激」かつ「偶然」な「外来」による事故によるものという定義が定められています。
「急激」は、突発的に起こってしまった事故から時間的間隔がない状態でケガに至ることを指します。「偶然」は、事故の発生、ケガの発生、事故とケガの発生のどれかが予知できないことで至ることを指します。「外来」は、負ったケガの原因が身体の外側からの作用で至ることを指します。これらに当てはまる傷害は、保険の対象になります。しかし、疲労による骨折や緩やかに発生したケガ、または心臓発作などが原因で起こったケガは傷害保険の対象にはなりません。また、有毒ガスなどの予知できない急性中毒は補償対象です。
細菌性食中毒やウイルス性食中毒や地震や噴火、津波などといった自然災害で負ったケガは、補償対象外です。ただし、一部の保険会社では地震や噴火、津波などで負ったケガでも特約で対象となることもあるので、加入前に確認しましょう。
傷害保険をはじめとする、損害保険に詳しいファイナンシャル・プランナーに相談することで、対象となるケガの種類からカバーできる範囲や保険料の種類、特約などを踏まえて適した保険のプラン選びの助言を期待することができます。万が一のことを考えると傷害保険はできれば加入しておきたいものですが、保険の加入で家計を圧迫してしまうようでは本末転倒です。その点、家計と保険のプロであるファイナンシャル・プランナーに相談することで、最適な保険プランの提案を受けることができるでしょう。保険料を抑えたいと考えているのであれば、交通事故などで負ったケガのみを限定したプランなどもあります。自分にあった無理のない保険に加入するために、不明な点などをファイナンシャル・プランナーに相談し、最適な保険に加入するために一緒に考えると良いでしょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ