「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:404名(2017/10/21 現在)

名古屋市中川区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

愛知県・ 名古屋市中川区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

名古屋市中川区

PICK UP - 名古屋市中川区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社ティー・エフ・オフィス
白石  利樹 (シライシ トシキ)

詳細を見る ›

株式会社ティー・エフ・オフィス 白石  利樹
一方通行で説明をするのではなく、お客様のニーズをじっくりお聞きします。そのうえで保障、節約、運用について分かり易く説明いたします。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 三重県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:【三重県】津市・伊賀市以南 【岐阜県】飛騨エリア、土岐市以東

株式会社ティー・エフ・オフィス
石木 成児 (イシキ セイジ)

詳細を見る ›

株式会社ティー・エフ・オフィス 石木 成児
一見難しく見える社会保障制度や生命保険。 つい敬遠してしまいがちですが実は知らないと損をしてしまう大切なことばかりです。 皆様のご不安事をひとつひとつ解決しながら、最適なライフプランを一緒に考えていきましょう。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:【岐阜県】飛騨エリア、土岐市以東  【愛知県】知多エリア・三河エリア

コア・ライフプランニング株式会社
佐野 塁 (サノ ルイ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 佐野 塁
お客様の思いに寄り添い、お客様の夢をかなえるため全力を尽くします。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 三重県

マイコミュニケーション株式会社
中村 哲郎 (ナカムラ テツロウ)

詳細を見る ›

マイコミュニケーション株式会社 中村 哲郎
「保険はよくわからない」 「めんどうくさい」 「すすめられるがまま、まかせっぱなし」 そんな声をよくうかがいます、 でも本当に困った時に役に立たなかったら 意味がありません。 「自分は一体いくら位の保険に入っておけば良いのか?」 「どういうふうに準備すれば良いのか?」 わかりやすく、ていねいに、基本的なところから、 じっくりお伝えします。安心してお声かけください。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:養老町・海津市

ファイナンシャルアライアンス株式会社
森 文子 (モリ フミコ)

詳細を見る ›

ファイナンシャルアライアンス株式会社 森 文子
お客様のご意向に沿って考え、わかりやすい説明を心がけます。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 愛知県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:愛知県東部

名古屋市中川区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

名古屋市中川区対応のFP一覧はこちら

名古屋市中川区のエリア情報

名古屋市中川区の概要

中川区は、愛知県名古屋市の中西部に位置する地域です。区名の由来にもなった中川運河をはじめ、福田川、戸田川、新川、庄内川、荒子川、掘川の7河川が流れており、心地良い自然と触れ合うことができます。名古屋市中川区は、工業地帯・商業地帯としても発展を遂げています。荒子地区には多くの史跡が残されているなど、歴史・文化好きな方におすすめのスポットでもあります。国の文化財に指定されている多宝塔や、1,000体以上の円空仏を所有する「荒子観音寺」は、名古屋市内外から多くの観光客が訪れる人気のスポットです。
名古屋市中川区の平成29年4月1日時点の総面積は32.02km2です。総人口は220,201人(男性:109,007人、女性:111,194人)で、97,377世帯です。

名古屋市中川区の特徴

多くの河川に恵まれている名古屋市中川区では、区民の水辺環境に対する興味・関心を深めるため、さまざまな取り組みを行っています。例えば、平成28年に実施した「中川運河クルーズ」もそのひとつです。小・中学生とその保護者を対象に、中川運河のDVD鑑賞や乗船、貝がら工作などを行い、中川運河の魅力をPRしました。
同様に、庄内川では「親子ボート教室」を開催しました。戸田川では、戸田川周辺の清掃を行う“戸田川をきれいにし隊”を毎年実施しており、参加者で力を合わせてごみ拾いを行っています。

名古屋市中川区の健康・医療

健康的な体づくりに有効な運動に、ウォーキングがあります。名古屋市では、市内を代表するウォーキングコースとして「なごやかウォークコース(全50コース)」を案内しています。そのうち中川区にあるのが、“戸田川ほろ酔いコース”、“松竹梅コース”、“荒子観音・伏屋コース”の3コースです。各コースで全長や見える景色が異なるため、日替わりで各コースを歩いてみてはいかがでしょうか。
名古屋市中川区では、「中川区なごやかウォーク ふれあいウォーキング大会」や「富田地区ウォーキング大会」などのウォーキング大会も開催しています。どちらも参加費無料で、中川区の街並みを眺めながら歩くことができるため、初心者にもおすすめです。

保険コラム 「定年退職後の生命保険について」

生命保険の見直しのタイミングとして、定年退職があげられます。定年退職後に保険を見直す際にしっかり考えておくべきポイントは、遺族保障、病気のリスク、整理資金の3つです。
生命保険に加入しておけば、自身が不慮の事故で亡くなった際に遺された配偶者や子どもが死亡保障としてお金を受け取ることができます。近年は晩婚化の影響で定年退職時でも子どもが未成年の場合があるため、そんなときは特に遺族が問題なく生活を送れるよう、必要な生活費がいくらなのかをきちんと考えることが大切です。ただ、定年退職時には住宅ローンの返済は完了し、子ども自立して働いているというケースがほとんどです。そうなると、それほど大きな死亡保障は必要ない場合もあります。保険の見直しを行い、過剰な保障がついている場合には、保障の減額の検討などをすることが大切です。
また、定年退職後も残しておくべき保障のひとつとして、医療保障があります。がんなどの大きな病気を発症した際にも、入院費用などの負担軽減が期待できます。加齢に伴って病気のリスクは高まるので、定年退職後も継続して加入しておくことが望ましいといえます。なお、会社の団体保険に加入していた方は、退職後の保障内容が自身に適しているのかをしっかり確認しておくことが大切です。
生命保険の保障金を、自身が亡くなった際の整理資金にあてることもできます。整理資金とは、葬式費用や埋葬料など人が亡くなったときに必要になるお金です。銀行口座に入っているお金を整理資金にあてることも可能ですが、これは相続税の課税対象になります。しかし、非課税枠が設けられている生命保険の保険金であれば相続税が徴収されることがありません。

定年退職を機に生命保険の見直しを考えている方は、ファイナンシャル・プランナーに相談するのがおすすめです。FPナビには、専門知識を豊富に有した多くのファイナンシャル・プランナーが登録されています。信頼できるファイナンシャル・プランナーを選び、現在の自身に合った保障内容へと見直し・変更を行いましょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ