「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:410名(2017/12/18 現在)

福岡市東区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

福岡県・ 福岡市東区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

福岡市東区

PICK UP - 福岡市東区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社アイ・ティ・コンサルティング
太田 和之 (オオタ カズユキ)

詳細を見る ›

株式会社アイ・ティ・コンサルティング 太田 和之
期待以上の成果を出すことでお客様に感動していただくこと
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • 熊本県
株式会社RKコンサルティング 今村 潤一
保険をもっと分かりやすく役立つものへ!
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:離島をのぞく(壱岐、対馬、五島)

株式会社FPパートナー 福田 龍太
ライフプランに関わる、お客様一人一人の不安や問題等に対し、ファイナンシャル・プランナーとしての情報をしっかりとお伝えし、解決できるよう、日々努めております。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県

福岡市東区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

福岡市東区対応のFP一覧はこちら

福岡市東区のエリア情報

福岡市東区の概要

福岡市東区の総人口は平成29年3月1日時点で311,699人(男性:151,822人、女性:159,877人)、世帯数は145,874世帯となっています。面積は69.36km2です。
福岡市の全行政区の中で、東区は最も人口の多い区です。東区は、福岡市の東部に位置しています。
「海の中道」でつながる陸繋島「志賀島」は玄海国定公園に選ばれており、自然を感じることができる憩いのスポットです。志賀島は「漢委奴国王の金印」が発見された場所でもあり、長い歴史を持っている島です。東区は福岡都市高速道路や国道、JRなど交通網が発達しており、多くの物流会社が集まっています。
東区は「歴史と自然の魅力あふれ、人が活躍し、活力を創造するまち」をまちづくりのスローガンとして、政策に取り組んでいる行政区です。

福岡市東区の特徴

「筥崎宮」は、「日本三大八幡宮」(残りは宇佐神宮、石清水八幡宮)のひとつに数えられている、東区の代表的な観光スポットです。
筥崎の地は、「鴻臚館」衰退後の対外貿易の拠点として栄えたのをはじめ、平家や豊臣秀吉にゆかりのある地として歴史の表舞台に立ちました。境内には多数の文化財があり、とりわけ本殿や石燈籠など5つの建造物は国指定の文化財です。筥崎宮では1月に玉取祭、9月に神幸行事が開かれ、祭りの時期になると多くの人が訪れます。
「海の中道海浜公園」は、国営公園に指定されている、総面積およそ540haの広大な公園です。園内には遊園地やプールなどアトラクションが盛りだくさんで、水族館「マリンワールド海の中道」では、350種類の海洋生物が飼育されています。この水族館で見ることができるイルカのショーや、アクアライブショーは必見イベントです。

福岡市東区の健康・医療

開催30回を超える「東区健康フェスティバル」は、区民の健康づくりに大きく関わっています。平成28年は「健康診断」をテーマに取り上げ、参加者はメタボ予防やがん予防のための健康診断の大切さを学びました。
福岡市東区では、「東区保健福祉センター」で精神障がいに関しての相談を受け付けています。他にも精神障がいについての正しい知識を共有する交流会や、精神障がい者の自立支援も保健福祉センターで行われています。

保険コラム 「確定型の個人年金保険とは?」

「個人年金保険」は、老後の備えのために働き盛りのうちから積み立てをする、民間の個人年金保険です。個人年金保険は年金の受け取り方などで種類がわかれており、確定型と呼ばれる個人年金保険では、契約時に「年金を受け取り始める年齢」と「年金を受け取り続ける期間」を決定すれば、当初定めた年金額が確実に受け取れるタイプの個人保険です。
例えば、「年齢を60歳」・「期間を15年」に設定すると、60歳になってから15年間、75歳まで年金を確実に受け取り続けることができます。受け取り始める年齢は、公的年金の受給開始の兼ね合いと調整し、「60歳」や「65歳」で選択するのが一般的です。受け取り続ける期間は、「5年」、「10年」、「15年」など設定することができ、年金を一括でまとめて受け取る「一時金受け取り」が可能な商品もあります。 確定型の個人年金保険では、年金の支払期間中に加入者当人が死亡した場合でも、遺族が残りの金額を受け取ることが保障されています。そのため、自身の老後のための備えだけでなく、死後の家族へのお金としても利用可能です。
確定型の個人年金保険への加入の際は、老後のライフプランを作成して、理想の老後を過ごすために必要な金額はいくらか、そしてその金額を用意するためには毎月いくら積み立てが必要なのか(保険料)を決定する必要があります。積み立ては多くすればするほど老後の生活は豊かになるものですが、老後のために現在の家計が圧迫されてしまうようでは本末転倒です。現在と老後、それぞれの生活をバランスよく、ストレスなく送るためにもライフプランの作成はとても重要です。
ライフプランの作成および支払う保険料の金額決定は、保険や老後の資産形成に詳しいファイナンシャル・プランナーに相談すると良いでしょう。一人ひとりのライフプランに合った資産形成プランを、ファイナンシャル・プランナーが提案します。個人年金保険について相談する場合は、ファイナンシャル・プランナーの中でも保険提案に実績がある者を見つけ、相談することが大切です。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ