「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:374名(2017/06/24 現在)

福岡市早良区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

福岡県・ 福岡市早良区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

福岡市早良区

PICK UP - 福岡市早良区のおすすめファイナンシャル・プランナー

ベストセレクトコンサルティング株式会社
長田 賢一 (ナガタ ケンイチ)

詳細を見る ›

ベストセレクトコンサルティング株式会社 長田 賢一
ライフプランを立てる事で心の準備ができ、無駄な出費を抑える事が出来ると考えます。 保険で全て解決することはできないかもしれませんが、保険で解決できることがあれば全力でお手伝いいたします。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:福岡市内以外は不可

あんしんFPパートナー株式会社
森 政敏 (モリ マサトシ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 森 政敏
お客様の立場に立ち分かりやすく貯蓄や保険などのご相談にお答えいたします。 また、保険を使った相続対策、専門的な資産運用につきましてもお答えいたします。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • 熊本県
  • 大分県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:鹿児島県,宮崎県,長崎県,佐賀県,山口県

株式会社アイ・ティ・コンサルティング
太田 和之 (オオタ カズユキ)

詳細を見る ›

株式会社アイ・ティ・コンサルティング 太田 和之
期待以上の成果を出すことでお客様に感動していただくこと
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 福岡県
  • 熊本県

福岡市早良区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

福岡市早良区対応のFP一覧はこちら

福岡市早良区のエリア情報

福岡市早良区の概要

福岡市早良区は、昭和50年に福岡市と旧早良町が編入合併し、昭和57年に早良区として誕生しました。福岡市の中で1番広い面積となる区で、南北に細長く広がった形状になっています。北に博多湾、西に室見川、南に豊かな自然が広がっている脊振山系があります。シーサイドももち地区には、近代的な町並みや商店街があります。その一方、鎌倉幕府が元軍の来襲に備えるために築いた元寇防塁や日本国内で5番目に古い国宝である西光寺の梵鐘などの史跡が多く残っています。また、福岡市のシンボルである福岡タワーや市の博物館、総合図書館などの文化施設も集まっています。
人口数は平成29年3月1日時点で218,105人(男性:102,880人、女性:115,225人)、世帯数は96,211世帯となっています。面積は、95.87 km2です。

福岡市早良区の特徴

福岡市早良区には、平成24年5月27日に「サザエさん通り」が誕生しました。漫画「サザエさん」の作者である長谷川町子が漫画家として初めて国民栄誉賞を受賞された記念に、この通りがゆかりの地として命名されたのです。
サザエさん通りの中ほどに位置する磯野広場には、「サザエさん発案の地記念碑」があります。この記念碑は、昭和20年頃に百道の海岸を長谷川町子が散歩したことで、国民的人気漫画「サザエさん」の登場人物であるサザエ、カツオ、ワカメなどの名前が発案されたことで建てられました。
サザエさん通りの入り口である脇山交差点の南側には、リアカー部隊で有名となった庶民的な西新商店街があります。出口のある北側には、シーサイドももち海浜公園があり、夏はマリンスポーツ、冬はイルミネーションなど年間を通して楽しめる地域になっています。

福岡市早良区の健康・医療

福岡市早良区には、早良区精神保健福祉制度があります。この制度は、精神疾患を有する人の自立支援医療(精神通院)の医療費が1割負担を原則とし、本人の所得や疾病状況、世帯の所得状況に応じて月に負担する上限額を認定します。また、精神障がいを持つ人が一定の障害にあることを証明する「精神障がい者保健福祉手帳」が発行されます。この手帳を持っていることにより、税制上の優遇措置(生活保護を受給している人の障がい者加算)、市営住宅の優先入居および家賃の特別減免、市立施設などの利用料の減免(市営地下鉄の運賃割引など)などが受けられます。ただし、障がい等級には1級から3級まであり、精神障がいの状態と生活能力障がいの状態から判断して決められます。受けられるサービスも変動するため、利用前に確認が必要です。

保険コラム 「国ごとに違う医療費について」

海外旅行でヨーロッパへ行くのであれば、ヨーロッパの医療事情について知っておくことも大切です。ヨーロッパでは国ごとに医療事情が異なるので、海外旅行保険の保障内容を検討するためにも知っておく必要があります。ヨーロッパ旅行の中でも人気の高いイギリスとフランスの医療事情は、以下のようなものです。
イギリスには、国営保険サービス(NHS)とプライベート(市立)医療があります。旅行者が救急以外でケガや病気になった場合は、プライベート医療機関を利用します。プライベート医療機関は自由診療になるので、医療費が高くなります。日本では無料で手配できる救急車も、イギリスで手配すると料金がかかります。初診料や治療費、入院費も高く、ケガや病気になった場合は莫大な費用が発生する可能性があります。

フランスは、医療水準が世界でもトップレベルです。直ちに処置が必要な場合は昼間でも救急外来を利用することができます。ただし、フランス国外の旅行客がケガや病気になった場合はイギリスと同じく民営の医療機関で治療を受ける必要があり、高額な医療費がかかります。
海外旅行へ行く前には、海外旅行保険に加入することが推奨されます。そのため、海外旅行を考えている場合には、保険に詳しいファイナンシャル・プランナーに相談すると良いでしょう。
加入を希望する場合には、事前にある程度の保障内容を確認したうえで相談すると良いでしょう。短期間の旅行であっても、安全かつ安心して旅行を楽しむためには、なんらかの保険に加入しておくことが望ましいといえます。疑問点や不明点を解消できる相談相手として、海外旅行保険に詳しいファイナンシャル・プランナーを見つけましょう。

  • ※本文で引用している数値は2017年4月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ