「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:403名(2017/10/19 現在)

広島市南区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

広島県・ 広島市南区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

広島市南区

PICK UP - 広島市南区のおすすめファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルアライアンス株式会社
平岡 孝夫 (ヒラオカ タカオ)

詳細を見る ›

ファイナンシャルアライアンス株式会社 平岡 孝夫
わかりやすく金融商品の最適な選択方法のアドバイスはもちろん、個々のお客様の状況に合わせた将来予想も含めた保険設計、アドバイスを心がけています。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 広島県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:広島市以外

コア・ライフプランニング株式会社
大津寄 美穂 (オオツキ ミホ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 大津寄 美穂
長い人生の中で、想定内、想定外の出来事に対し、それぞれのお客様に沿ったライフプラン・資産運用・保険設計等を行うのが信条です。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 広島県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:安芸高田市・大竹市

広島市南区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

広島市南区対応のFP一覧はこちら

広島市南区のエリア情報

広島市南区の概要

広島市南区には広島の陸の玄関である広島駅と海の玄関である広島港があり、旅行客と物流の拠点になっています。大型商業施設の出店も相次いでおり、広島市内の新しいショッピングエリアとして注目されています。
広島市南区は広島の中心部でありながら、自然豊かな憩いの場所が多くあります。中でも、比治山や黄金山は桜の名所として有名であり、市内外からも多くの花見客が訪れます。
総人口は平成29年3月末時点で141,743人(男性:69,471人、女性:72,272人)、総世帯数は69,423世帯です。

広島市南区の特徴

広島市南区の特色としては、金輪島、峠島、似島、大カクマ島(弁天島)、小カクマ島(小弁天島)、元宇品(宇品島)という6つの島がある点があげられます。広島市域にある島のうち佐伯区にある津久根島以外は、全て南区にあります。これらの島では豊かな自然が残っており、自然観察の場になっています。
6つの島の中でも似島は、広島湾の南側の約3km沖にある広島市最大の島です。この島では、恵まれた自然環境の中で魚釣り、登山、ハイキングなどを楽しめるリゾートアイランドとして多くの人に親しまれています。また、自然繁殖したヒメボタルやヘイケボタルの観察ができる場所にもなっています。

広島市南区の健康・医療

広島市南区では、高齢者がおいしく食事していきいきと暮らしていけるように、高齢者の食に携わる機関と協力し、実行委員会「南区の食“風土”を考える会〜高齢者がおいしく食べるための環境づくり〜」を発足しています。この会では、高齢者の食生活の自立支援やおいしく食べるための環境づくりとして「お手軽メニュー集」と「健口生活手帳」を発行しています。
平成20年2月に発行された「お手軽メニュー集」には、身近にある食材や缶詰などを使った簡単で手軽においしく食べやすいバランスのとれた料理を紹介しています。
平成24年4月に発行された「健口生活手帳」は、食生活の充実に欠かせない口腔機能の低下を予防することを目的とし、お口の体操やお手入れ方法、かみやすくするための調理工夫などを紹介しています。

保険コラム 「住宅ローン向けの火災保険」

住宅金融支援機構のフラット35の住宅ローンを利用する際には、火災保険への加入は必須です。また、各金融機関の住宅ローンを利用する場合も、火災保険への加入を必須とするのが一般的です。
フラット35に申し込む場合、必要となる火災保険の補償対象は「建物」のみです。なお、「建物」のみの火災保険に加入する場合、「家財」の損害は補償されません。家財の補償を得るためには、別途で家財を補償対象とする火災保険に加入する必要があります。
金融機関が用意している住宅ローンの場合、それぞれの金融機関で住宅ローン利用者専用の火災保険が用意されています。この保険には、「家財」も補償対象になるプランが用意されています。しかし、住宅ローンを利用するからといって、必ずしもその金融機関が用意した火災保険に加入する必要はありません。各保険会社が用意している一般の火災保険への加入も選択できます。
火災保険の見直しを考えている場合は、火災保険に詳しいファイナンシャル・プランナーに相談すると良いでしょう。住宅ローンを申し込んだ際に加入した保険以外に加入を考えたい保険がある場合には、これまでどのような経緯で保険を選び、今後はどのような観点から保険を希望するのかなどをファイナンシャル・プランナーに伝えることが大切です。保険に詳しいファイナンシャル・プランナーであれば、さまざまな保険プランから「建物」や「家財」を補償対象とした火災保険選びの助言が可能です。火災保険に加入することで、万が一住宅ローンの返済中に火災が起こっても備えられるようになります。今後のことを考えて、火災保険の加入を検討しましょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ