「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:404名(2017/10/20 現在)

神戸市で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

兵庫県・神戸市で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

神戸市

PICK UP - 神戸市のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社アイ・ティ・コンサルティング
伊藤  勝彦 (イトウ カツヒコ)

詳細を見る ›

株式会社アイ・ティ・コンサルティング 伊藤  勝彦
単なる将来のお金の出入りをチェックするマネープランにならないようにすること。 家族の希望の暮らしを実現するためには何が必要かをお客様と一緒に考えていきます。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 大阪府
  • 兵庫県

あんしんFPパートナー株式会社
瀬野 冨美代 (セノ フミヨ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 瀬野 冨美代
常にプロを目指します。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県

株式会社RKコンサルティング
浅川  勧 (アサカワ ススム)

詳細を見る ›

株式会社RKコンサルティング 浅川  勧
医療保険・生命保険だけでなく、老後資金や教育資金の準備方法など、「どうすれば無駄を省き、効率よくお金を貯められるか」を、わかりやすく丁寧にアドバイスさせていただきます。 まずはヒヤリング、次にシミュレーション、そして現状分析… もし問題点が見つかれば、ベストな解決策をご提案させていただきます。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 大阪府
  • 兵庫県

神戸市対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

神戸市対応のFP一覧はこちら

神戸市のエリア情報

神戸市の概要

兵庫県神戸市は、兵庫県の南部にあります。兵庫県の県庁所在地としての機能を持ち、地域の中枢拠点が集中している地域でもあります。神戸市は、政令指定都市としても栄えており、市内には9つの区があります。市の面積は557.02km2、2016年5月現在、約71万世帯、約154万人の人口を持ち、日本国内では6番目の人口があることでも知られています。この地域は貿易が盛んにおこなわれており、古くから貿易によって地域が栄えてきました。神戸商工貿易センタービルを中核とし、国際交流を提供する場所としても知られています。また、貿易などを業務とするオフィスが多く入居しており、商業の拠点としても注目されています。
兵庫県内でも、神戸市は鉄道網が充実しており、JR西日本・山陽本線や山陽新幹線を中心に、阪急電鉄・神戸電鉄、市営地下鉄等の私鉄も市内各所をくまなく結んでいます。中心主要駅として知られるJR三ノ宮駅周辺には商業施設や官公庁の施設等が集中しており、多くの乗客・利用客が訪れます。道路インフラとして、阪神高速道、西神自動車道、中国自動車道、山陽自動車道があり、現在建設中の新名神高速道が開通すると兵庫県への車でのアクセスもより便利になります。
1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震による阪神・淡路大震災は、神戸の市街地と港、道路、インフラは甚大な被害をもたしましたが、復興のスピードはめざましく、2005年には国内3番目の市営空港として神戸空港が開港しました。

神戸市の特徴

兵庫県神戸市は、異国文化を取り入れた独自の文化が確立しています。港町としても知られていますが、洗練されたファッション感覚や食文化は雑誌などで数多く取り上げられ、全国に発信されています。この地域の大きな特徴としては、昼夜問わず魅力的な観光地があることです。六甲山等の自然あふれる景勝地や神戸港周辺の繁華街、須磨海浜水族園などのテーマパークも充実しています。夜になると、どの地域でも夜景が美しいことでも有名です。2015年には一般社団法人夜景観光コンベンションビューローが主催する「夜景サミットin神戸」において、日本新三大夜景都市に選定されています。特に、阪神・淡路大震災の被害者の鎮魂と追悼、街の復興を祈念して毎年12月に開催されている「神戸ルミナリエ」と呼ばれる光の装飾イベントには毎年数多くの観光客が訪れます。
兵庫県内でも神戸市は音楽や美術など芸術面における文化発信も盛んです。市内には数多くの美術館や博物館が存在しており、アートやファッション、音楽など個性あふれた芸術を発表する場として提供されています。食文化としては居留地時代に持ち込まれたスイーツ文化の流れを継承しています。特にロシアやドイツで発展した洋菓子が多く、有名老舗洋菓子店の本店がある地域としても知られます。最高級牛としても知られる神戸牛やB級グルメでおなじみの「そばめし」なども神戸市ならではの食文化といえるでしょう。

神戸市の健康・医療

兵庫県神戸市では、市全体を挙げて生活習慣の見直しを提案しています。「KOBE健康くらぶ」という特設サイトを立ち上げて、市民の健康をサポートしています。特に心身面の簡易的なセルフチェックコンテンツを提供し、体調の自己管理を促すほか、ウォーキングの効果や方法、市内の公園情報などを提供し「軽運動の呼び掛け」も行っています。また、独自のストレッチ体操や古くから学校の生徒たちが取り入れてきた「神戸市学校体操(神戸体操)」をスタンダード化し、市内の学生に対する定着を図っています。
医療機関に関しても兵庫県神戸市内には数多く存在しています。地域に根差した医療を提供する診療所のほか、大学病院や急性期治療に特化した総合病院なども集中しています。また、地域の中枢都市としても機能するため、主要駅周辺には、美容外科の分院や特定の疾患に特化した医療センターも存在しています。神戸市医師会のホームページでは、医療機関検索を行うことができるのでタイムリーに受診できる医療機関を探すことができます。

保険コラム 「先進医療特約について」

加入することで突然のケガや病気にも安心して対応できる医療保険。公的保険と民間保険の2種類があり、どちらか片方、あるいは両方に加入することで万が一の事態にも一定の保障が受けられるようになります。ですが、加入する医療保険によっては保障の対象外となるケガや病気があるため、ただ加入すれば良いというものではありません。例えば、日本人の3大死因の1つである「がん」の治療は、通常の医療保険では保険適用対象外となっている場合がほとんどです。将来的に自分がどのようなケガをして、どのような病気にかかるのか。それをあらかじめ予測することは極めて困難です。健康に気をつけて生活していても、がんを患ってしまう可能性がゼロであるとはいえません。
では、保険の対象外であるがんに対して何も備えることができないのかといえば、そうではありません。民間の医療保険には「先進医療特約」があり、特約を追加することで通常は適用対象外であるケガや病気に対しても、保障が受けられるようになります。
とはいえ、先進医療特約も万能ではありません。先進医療特約でも適用対象外となるケガや病気があることや保険料の値段が上がることなどを念頭に置いて、どの保険プランが最適であるかを考えなければなりません。
その判断にお悩みであれば、ファイナンシャル・プランナーに新規加入に関する保険相談や保険見直しについての保険相談を行いましょう。ファイナンシャル・プランナーは保険全般について豊富な知識を持つ保険相談・保険見直しのプロフェッショナルです。こうしたファイナンシャル・プランナーに新規加入に関する保険相談や保険見直しについての保険相談、そして先進医療特約についての保険相談を行うことで、お客様にとって最適な提案を受けることができます。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ