「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:407名(2017/12/17 現在)

鹿児島市で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

鹿児島県・ 鹿児島市で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

鹿児島市

PICK UP - 鹿児島市のおすすめファイナンシャル・プランナー

コア・ライフプランニング株式会社
有村 茂樹 (アリムラ シゲキ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 有村 茂樹
ニードセールスに基づきお客様に最適の保障を提供いたします。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

コア・ライフプランニング株式会社
伊藤 栄子 (イトウ エイコ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 伊藤 栄子
長い人生の中での不安を解消できるために、お客様に寄り添い、ひとりひとりに合った分かりやすいコンサルティングを心がけています。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 鹿児島県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:鹿児島市以外対応不可

鹿児島市対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

鹿児島市対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

鹿児島市のエリア情報

鹿児島市の概要

鹿児島市は、鹿児島県の県庁所在地であり、九州の南端に位置する鹿児島県のほぼ中央にある地域です。北は姶良市、南は指宿市、西は日置市に隣接しており、東側には鹿児島湾に浮かぶ「桜島」をのぞむことができます。鹿児島市街地から沖合3kmに浮かぶ桜島も、鹿児島市に含まれます。鹿児島市街地は、鹿児島湾に流れ出ている「永田川」や「甲突川」など7つの中小河川により形成された小平野部に位置しており、その周辺は海抜100〜300mの「シラス台地」と呼ばれる丘陵地帯となっています。 平成29年1月における鹿児島市の総人口は599,290人。うち、男性は279,022人、女性は320,268人となっており、男性よりも女性の占める割合の方が高くなっています。また、鹿児島市の世帯数は、272,183世帯です。

鹿児島市の特徴

鹿児島県は、日本の南部に位置することから、比較的温暖な気候に恵まれています。過去5年の気温の記録によると、夏季の最高気温は35.5℃、冬季の最低気温は−0.86℃となっており、年間の平均気温は18.6℃となっています。年間の降水量は2,355mmに達しており、最も降水量が多いのは6〜7月の梅雨の時期。年間降水量の約44%はこの時期に降ります。
鹿児島市のシンボルである桜島は火山島となっており、現在も火山活動を続けています。風向きによっては、鹿児島市街地に火山灰が降り注ぐこともしばしばです。平成25年における桜島の噴火回数は1,097回にもおよび、鹿児島市役所本庁で測定された年間の降灰量は、1m?あたり3,214gとなっています。
また、鹿児島市は、歴史上に残る偉人たちを輩出した地域でもあります。特に、近代日本を築き上げた先駆者として、西郷隆盛や大久保利通、小松帯刀や天璋院篤姫などが名を連ねます。

鹿児島市の健康・医療

平成23年度における鹿児島市民の死因第1位は、悪性新生物となっており、次いで心疾患、肺炎、脳血管疾患となっています。悪性新生物とは、いわゆる「がん」のこと。また、平成27年10月における鹿児島市の65歳以上の高齢者比率は24.8%となっており、鹿児島県内43市町村のうち43位となっています。鹿児島県内でみると高齢者比率は最下位であるものの、全国的にみると鹿児島県の高齢者比率は19位と高めであるため、今後も主な死因である各疾患の発生率が高まることが懸念されます。
そのため鹿児島市では、鹿児島市民の健康を守ろうと家庭や地域、保育所や幼稚園、小中学校や食料生産者など食に関わる団体や機関などが連携して「食育」を推進しています。

保険コラム 「がん保険って、なに?医療保険との違い」

よく耳にする「がん保険」。とはいえ、「がん保険と医療保険って、何が違うの?」と思う方もいるのではないでしょうか。そんながん保険の必要性を、ファイナンシャル・プランナーに相談する方も少なくありません。 がん保険と医療保険の明確な違いは、保障の手厚さです。医療保険は、がんを含むそれ以外の病気やケガにも対応する保険となっています。一方、がん保険は、がんに特化した保険です。がん以外の病気やケガにも広く浅く保障する医療保険に対して、がん保険はがんに対して狭く深く保障するのが特徴です。
そこで気になるのが、「医療保険には加入しているけど、がん保険にも加入した方が良いのだろうか……」ということ。そんな保険のお悩みは、ファイナンシャル・プランナーへの相談がおすすめです。ファイナンシャル・プランナーはお金に関する専門家というだけでなく、保険に関する専門家でもあります。そのため、ファイナンシャル・プランナーに相談することで、自分に合った保険プランの提案を受けることが可能です。また、ファイナンシャル・プランナーは保険の見直しも行うため、既に保険に加入している場合でもファイナンシャル・プランナーに相談することで自身にあった保険に見直すことが可能です。
万が一病気にかかっても安心して治療に専念できるよう、保険に関する疑問や質問を相談し、病気というリスクに備えましょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ