「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/05/28 現在)

横浜市旭区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

横浜市旭区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

横浜市旭区

PICK UP-横浜市旭区のおすすめファイナンシャル・プランナー

あんしんFPパートナー株式会社
豊田 英基 (トヨタ ヒデキ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 豊田 英基
「将来を担う子供たちを守る」 「お客様の大切な資産を守る」 様々な経済的リスクに対し、そのお客様にとって最善のプランをご提案して参ります。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

ベストセレクトコンサルティング株式会社
田中 壮一 (タナカ ソウイチ)

詳細を見る ›

ベストセレクトコンサルティング株式会社 田中 壮一
常にお客様の目線で物事を考えます。 大事な財産を失わないためにも、お客様にライフプランの重要性を伝えます。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

株式会社RKコンサルティング
飯島 由香 (イイジマ ユカ)

詳細を見る ›

株式会社RKコンサルティング 飯島 由香
お金のことに誠実に取り組むことは、人生に誠実であることだと考えております。 お客様おひとりおひとりの人生が、豊かで、充実したものとなりますよう、全力で対応させていただきます。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

旭区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

横浜市旭区対応のFP一覧はこちら

横浜市旭区のエリア情報

横浜市旭区の概要

神奈川県横浜市の中央部からやや西部にかけて位置する神奈川県横浜市旭区は、東西南北を同市内保土ヶ谷区、戸塚区、泉区、瀬谷区、緑区に囲まれ、横浜市中心部までは約7kmです。旭区役所から横浜駅までは電車で約20分、東京都までは約50分と、鉄道を利用した各主要都市へのアクセスに優れている区内は、自然豊かな土地に恵まれつつ、保土ヶ谷バイパスや旧八王子街道、中原街道が通り、乗用車における交通網も発達しています。
区域面積32.78km2を誇る横浜市旭区は、同市内の他区と照らし合わせても比較的広い面積をもち、2015年における総人口は247,234人(男性120,218人、女性127,016人)です。この人口は、横浜市内の全18区のうち、戸塚区に次ぐ第5位の多さを誇り、総世帯数は102,683世帯です。1世帯あたりの人口は約2.41人、1km2あたりの人口密度は7,542人で、横浜市全体の平均人口密度8,561人をやや下回っています。
横浜市旭区の全体を通して見ると、日本最大面積を誇る動物園「よこはま動物園ズーラシア」周辺のエリアが目立ちますが、そのほかの地域では、横浜市内外へのアクセスに優れたベッドタウンとしての土地が多く目立っています。(横浜市旭区役所ホームページ「データでみるあさひ2016」より)

横浜市旭区の特徴

“「安心して、健やかに、暮らし続けられる わがまち・ふるさと旭区」を目指します”とスローガンを掲げる神奈川県横浜市旭区では、旭区の広報活動を行うイメージマスコットキャラクターとして「あさひくん」が制定されています。あさひくんは、神奈川県横浜市旭区で人気の名産品に付けられた「あさひの逸品」(あさひさんさんブランド)ロゴマークにも描かれており、旭区内で目にする機会の多いマスコットキャラクターです。現在「あさひの逸品」として認定されているものには、よこはま動物園ズーラシア内で提供されている「ムアンバライス」をはじめとして地域民に愛される和菓子や洋菓子など多くのものがあります。
自然などの動植物を楽しめる観光名所としては、前述の「よこはま動物園ズーラシア」や「こども自然公園」などがあります。それらの名所では、日頃見ることのできない動物たちの姿を間近で楽しめたり、ホタルの観察やバーベキューを通して様々な自然体験ができます。そのほか季節の楽しみとして満喫できる観光スポットには、「こども自然公園中池」へ飛来する渡り鳥(2月)や「追分市民の森」のひまわり畑(7月)などが挙げられます。
横浜市旭区内で行われる主な行事としては、毎年10月に開催される「旭ふれあい区民まつり」や12月によこはま動物園ズーラシア内で開催される「キャンドルナイト」があります。

横浜市旭区の健康・医療

2014年における神奈川県横浜市旭区の主要死因別死亡者数推移の統計では、最も死亡者数が多い疾患第1位が「がん」、第2位が「心臓病」、第3位が「脳卒中」です。また、2014年の全死亡者数2,331人のうち、がんが716人、心臓病が355人、脳卒中が161人と、上位3つの疾患が全死亡者数の半数以上を占めています。それらの数値は、2010年からの推移で見るとやや増加傾向にありますが、旭区では医療体制を整えるなどして区民の健康と安心をサポートしています。旭区が独自で行う健康への取り組みには、各地域へのケアプラザの設置が挙げられます。ケアプラザでは、住民全員が健康づくりや育児などを安心して行えるよう相談窓口を設け、様々な疑問に答えながら住民の心とからだの安心をサポートしています。
横浜市旭区で受けられる健康診断は、加入している保健医療保険によって異なります。そのため、健康診断の受診を希望する場合は各自が加入している医療保険別の必要書類を準備し、対象の医療機関へ提出・申し込みを行う必要があります。一般診療以外の休日診療を希望する場合は、「横浜市旭休日急患診療所」で診断が可能です。また、夜間の急病の場合は「横浜市夜間急病センター」及び「横浜市南西部夜間急病センター」、休日や夜間の歯痛では「横浜市歯科保健医療センター」でそれぞれ受診できます。

保険コラム 「保険相談・保険見直しのきっかけは?」

保険相談も保険見直しも、どちらも誰かから言われて始めるものではありません。新規加入に関する保険相談も、保障内容を改善する保険見直しも、お客様の自発的な行動が必要です。
では、保険相談や保険見直しのきっかけとは、具体的にどのようなものなのでしょうか? 最も大きなきっかけとして、ライフステージの変化が挙げられます。ライフステージとは、個人の人生におけるそれぞれの段階をいいます。一般的に幼年期、児童期、青年期、壮年期、老年期に分類されますが、この他にも人生の節目ごとに様々なライフステージがあります。例えば結婚、出産、子供の進学や独立などです。ライフステージが変化するごとに、最適な保険の条件は変化します。例えば、独身時代は自分のための保険に加入していた方も、結婚をすれば家族のための保険に切り替えることが求められます。子供が独立して扶養から外れれば、万が一の備えに必要な保障内容が変わるのは当然です。
このように、ライフステージの変化によって最適な保険が異なるため、ライフステージの変化が保険相談や保険見直しのきっかけになるのです。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ