「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/03/30 現在)

川崎市宮前区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

川崎市宮前区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

川崎市宮前区

PICK UP-川崎市宮前区のおすすめファイナンシャル・プランナー

ベストセレクトコンサルティング株式会社
三田 彰則 (ミタ アキノリ)

詳細を見る ›

ベストセレクトコンサルティング株式会社 三田 彰則
出会いに感謝。 あくまでも公平中立な立場で。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社RKコンサルティング 関口  直亨
相談は丁寧かつ楽しく出来ればと思います。 また皆さまのお力に成れるよう日々日々精進しています。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

あんしんFPパートナー株式会社
豊田 英基 (トヨタ ヒデキ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 豊田 英基
「将来を担う子供たちを守る」 「お客様の大切な資産を守る」 様々な経済的リスクに対し、そのお客様にとって最善のプランをご提案して参ります。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

宮前区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

川崎市宮前区対応のFP一覧はこちら

川崎市宮前区のエリア情報

川崎市宮前区の概要

神奈川県川崎市宮前区は、東京都と横浜市に隣接する川崎市の7行政区のうちの一つであり、多摩丘陵に位置しています。宮前区の人口は224,648人、世帯数は95,622です。平均年齢は42.2歳であり、比較的若い人の多い町といえます。キャッチフレーズの「人が好き 緑が好き まちが好き」は、宮前区の緑のゆたかさと、市民の生活の調和をイメージして作成されました。1998年度の「区イメージアップ事業」により、公募を経て「区の花」はコスモス、「区の木」は桜が選ばれました。桜は宮前区内に広く分布し、いくつもの名所があります。宮前区のPRキャラクターとして、クマに似た宮前兄妹のメローとコスミン、カッパーク鷺沼のカッちゃんがいます。宮前区はもともと隣の高津区と同じ区でしたが、1982年に高津区から分離されて宮前区が発足しました。宮前区の由来は、明治時代に存在していた宮前村(みやさきむら)が元になっています。馬絹村字宮ノ前(みやのまえ)から、宮前という読み方を継承しました。一般公募により、宮前区という名称が決定しました。

川崎市宮前区の特徴

宮前区の特徴は、自然豊かで坂道が多い街であることです。区内には38の坂があり、坂道=魅力ある地域資源として、積極的に宮前区のアピールポイントとして案内されています。区内に数多くある坂を身近に感じてもらいながら健康づくりや地域の魅力を体感してもらえるよう、6つのウオーキングコースを掲載した「みやまえ坂道ウォーク」が宮前区役所のホームページからダウンロードできるようになっています。
また、区民向けの施設に工夫があります。鷺沼駅前にあったプールを改築し、運動施設や公園、フットサル施設、保育園などの施設を包括するカッパーク鷺沼を2006年にオープンしています。公園を通じた市民コミュニティーも盛んに活動しており、「宮前区冒険遊び場」という名前で、子供の遊び場を積極的に運営しています。区民による活動は全般的に活発です。宮前区の中心部は鷺沼駅であり、付近にはショッピングセンターなどの商業施設が充実しています。東急田園都市線沿線は、住宅街が広がっています。国道246号線と東名高速道路の川崎インターがあり、車での移動にも便利です。東京外環自動車道が東名高速道路と結ばれる予定があるため、神奈川県川崎市宮前区から東北自動車道、中央自動車道、関越自動車道などへの接続も便利になると見込まれます。宮前区役所の最寄駅は宮前平駅です。公民館は2館、図書館は1館あります。コンビニは、1万人あたり3.8店舗と、関東の平均(4.5店舗)よりも少なめです。飲食店も、1万人あたり16.5店舗であり、関東平均の46.307店舗を大きく下回ります。

川崎市宮前区の健康・医療

神奈川県川崎市宮前区の一般診療所は114か所で、人口10万人あたり52.09か所です。全国平均(68.42か所)よりも少なめです。小児科系診療所は33か所あり、人口10万人あたりでは15.08か所で、全国平均の15.46か所と同程度です。また、宮前区役所には、医療や健康、福祉に関する総合的な相談ができる「宮前区役所地域みまもり支援センター」があります。誰もが住み慣れた地域で暮らしていけるように、区役所内の様々な部署が連携して対応に当たる地域包括ケアシステムを作っています。健康に関する情報をまとめた啓発冊子も発行されています。老人ホームは16件ありますが、川崎市の政策として高齢者向けの住宅の回収への補助や、住み替えについての相談なども受け付けています。なお、宮前区は、川崎市の「成人ぜん息患者医療費助成制度」、「小児ぜん息患者医療費支給事業」、「小児医療費助成事業」といった医療費助成制度を利用できます。「小児医療費助成事業」については、対象年齢が小学校3年生まで拡大したことが特長です。ただし、1歳以上の子供が利用する場合には、所得制限があります。また、宮前区含む川崎市では、健康づくりの一環として食育に取り組んでいます。

保険コラム 「日本の健康保険制度の将来」

現在、日本には健康保険制度があります。この健康保険制度は、原則として国民全員が加入する必要があります。しかし、経済的な理由などにより加入していない人もいます。なお、日本の財政はとても厳しいため、公的な健康保険に加入しているからといって、必ずしも手厚い保障を受けることができるというわけではありません。とはいえ、健康保険制度が直ぐに廃止されるということは考えにくいですが、今後は徐々に制度が変わっていく可能性はあります。将来は健康保険制度だけでは万が一の病気やケガに対応しきれないことも考えられます。
「自分の身は自分で守る」というように、やはり万が一に備えて自身でも準備をしておけば、安心して毎日の生活を送ることができます。 ここ数年、保険相談や保険見直しができる保険代理店を多く見かけるようになりました。繁華街やショッピングセンターなどのアクセスしやすい場所に店舗を構えているところも多いですし、ファイナンシャル・プランナーが対応してくれるところもありますので、気軽に保険相談や保険見直しができます。
今の生活はもちろん、老後も安心して生活ができるように、新規保険への加入、加入済み保険の保障内容見直しをご検討ください。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ