「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/04/24 現在)

横浜市磯子区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

神奈川県・ 横浜市磯子区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

横浜市磯子区

PICK UP - 横浜市磯子区のおすすめファイナンシャル・プランナー

ベストセレクトコンサルティング株式会社
藏本 学 (クラモト マナブ)

詳細を見る ›

ベストセレクトコンサルティング株式会社 藏本 学
万一の際はもちろん、長生きもリスクとされる時代です。皆さんのライフプランを色々な角度から検証し、的確なアドバイスを行っていきます。 またお客様への情報提供とご心配事のヒアリングを重視し、問題の共有をしっかりと行ったうえで、お一人おひとりのニーズに合った提案を心掛けています。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 神奈川県
ブロードマインド株式会社 渕 理三郎
正しい情報をお伝えすること。 ライフプランニングをすることでみえてくるリスク面をしっかり把握し、お客様の価値観や考えに沿ったプランニングを心がけます。
  • 得意なメニュー
  • ライフプランニング
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
ブロードマインド株式会社 肥沼 健太郎
安心してお金を使える環境をととのえます。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

あんしんFPパートナー株式会社
平岡 龍 (ヒラオカ リュウ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 平岡 龍
「ありがとう。」お客さまからそう言って頂けると、ほんとうに嬉しく思います。 生命保険は、雑誌や新聞で何度も特集が組まれるほど、普段の生活において関心が高く身近な商品です。 ただ、人それぞれ生命保険に対する考え方は異なり、人生も十人十色。その方に合った生命保険というのは、千差万別です。 “全てのお客さまがきちんと納得して、安心できる保険に入れるように”を実践するためにAFP資格も取得し、長くお客さまの人生に寄り添えるパートナーを目指しています。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 神奈川県
ブロードマインド株式会社 豊住 悠太
入社する前は私自身、金融と聞くと難しいと思っておりました。 しかし、長い人生において知っておかなければならないことが多くあります。 そのため、難しいことをできるだけ簡単で簡潔に100%理解していただけるように、お客様に伝え続けることが私が私に対する使命だと思って日々励んでおります。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 神奈川県

横浜市磯子区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

横浜市磯子区対応のFP一覧はこちら

横浜市磯子区のエリア情報

横浜市磯子区の概要

磯子区は横浜市の南東に位置する区で、昭和2年に横浜市が区政を始めたときから存在する最も古い区のひとつです。東側は根岸湾に接し、埋め立て地も含めて平地が続き、その平地を囲むように丘陵地が広がっています。
横浜市磯子区の平成28年4月の推計人口は166,272人、推計世帯数は74,873世帯で、面積は19.02km2です。人口は根岸線が延伸した頃に急増しており、ベッドタウンとして発展しました。平成22年の国勢調査では昼夜間人口比率は83.8%で、磯子区の昼間人口は通学・通勤などで減っていることが分かります。また、磯子区全体の人口が平成22年と平成27年の国勢調査の間に1.8%増加している一方、外国籍人口は36.9%増加しており、外国人の比率が増していることが分かります。人口は横浜市の全区で13位ですが、外国人人口は8位であり、外国人の多さを読み取ることができます。
磯子区の産業別従業者の比率を見てみると、第一次産業が0.05%、第二次産業が23.56%、第三次産業が76.38%となっています。横浜市全体で見ると第2次産業が16.68%、第三次産業が83.22%であり、磯子区は第二次産業の比率が高いことがうかがえます。これは、磯子区の沿岸部に工業地帯を中心とした埋め立て地が広がっているためです。製造品出荷額等、1事業所あたりの製造品出荷額については横浜市内で1位です。

横浜市磯子区の特徴

横浜市磯子区は沿岸部と丘陵地、そしてその間の傾斜にある緑地を擁しており、さまざまな見どころがあります。沿岸部には、長い桟橋でいつでも釣りが楽しめる磯子海釣り施設、多目的広場や築山のある杉田臨海緑地などがあります。自然を生かしたスポットも豊富で、洋光台緑地トンボ池や峰せせらぎ遊歩道、磯子・海の見える公園などが利用可能です。大岡川分水路河畔プロムナードや久良岐公園は花見のスポットであり、久良岐公園は春夏秋冬で違った景観を楽しむことが出来ます。

横浜市磯子区の健康・医療

横浜市磯子区では、保険・福祉に関して必要に応じた窓口をまとめて案内しています。公式HPには高齢者支援や子ども支援、生活衛生や保険年金に関する問い合わせ窓口リストが掲載してあり、各種健康診断についてもさまざまな案内を載せています。
「どこでもお出かけ区役所講座」として、健康や医療に関する講座を開催しているのも磯子区の特徴です。口腔の健康講座や乳がん自己チェック、体力測定、栄養講座など、その種類は多岐にわたります。希望の日時、参加の人数、会場を決めて申し込みを行い、条件に問題なければ開催することが可能です。 健康の基本となる食事について、磯子区では栄養士のすすめるレシピを公式HPにて公開しています。旬の食材を使った栄養バランスのよいレシピを多数公開しており、「磯子区の野菜を使用」「中学生向け」「朝食向け」などカテゴリに合わせて探すこともできます。

保険コラム 「自転車保険の補償が引き上げの動き」

「保険に加入しよう」「保険を見直そう」と思ったとき、保険を専門分野としているファイナンシャル・プランナーや総合的なマネープランの提案をするファイナンシャル・プランナーに相談することも検討方法の一つです。ファイナンシャル・プランナーなどの専門家に相談することで、自身に合った保険を選ぶために客観的なアドバイスを受けることが可能です。

日々の生活に欠かせないものの、気軽さゆえに軽視しがちな保険のひとつに、自転車保険があります。平成25年頃から自転車事故にまつわる高額賠償の事例が増え、関心が高まっている保険のひとつです。すでに一部の都道府県では自転車保険の加入が義務化されており、まだ義務化されていない地域の方でも気になっている方は多いのではないでしょうか。

自転車保険は近年、補償上限額を引き上げる動きが目立ってきています。これにより、もしもの事故があったときの負担が軽減されることが期待できます。自転車事故は思わぬ高額賠償に発展するケースもあるため、頻繁に自転車に乗る方は加入しておくことが望ましい保険ですが、すでに加入中の傷害保険などで同等の補償を持っている場合があるので、自転車保険加入の前には必ず補償の重複がないかどうかを確認するようにしましょう。

自転車保険の中身は、個人賠償責任保険です。個人賠償責任の補償は、加入中の火災保険・傷害保険などに付帯されているケースが多いため、もし加入中の損害保険等があれば、個人賠償の補償は付帯されているのか、もし付帯されている場合は自転車事故が対象なのかどうかを確認しましょう。

  • ※本文で引用している数値は2017年3月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ