「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/08/19 現在)

新潟市秋葉区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

新潟県・ 新潟市秋葉区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

新潟市秋葉区

PICK UP - 新潟市秋葉区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社RKコンサルティング
灰野 亜矢子 (ハイノ アヤコ)

詳細を見る ›

株式会社RKコンサルティング 灰野 亜矢子
おひとりおひとりにぴったりのオーダーメイド設計を致します。 親しみやすく、話しやすい雰囲気での相談を心がけています。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 新潟県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:佐渡島

株式会社RKコンサルティング 渡邉  直子
いつでも自分らしく! ご相談者1人1人の立場になり、幸せ・安心・夢の実現のお手伝いをさせていただくこと。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 新潟県

新潟市秋葉区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

新潟市秋葉区対応のFP一覧はこちら

新潟市秋葉区のエリア情報

新潟市秋葉区の概要

新潟市秋葉区の総人口は平成29年3月末時点で77,509人(男性:37,177人、女性:40,332人)、世帯数は29,377世帯となっています。秋葉区は新潟県新潟市の南東に位置し、面積は、95.38km 2です。
明治から大正時代にかけては石油産業が栄え、当時の栄華が残る「金津油田」は、近代化産業遺産に指定されています。
現在の秋葉区は、サツキなどの花が咲き誇る、「花のまち」として発展しています。特に、花木の生産地として全国的に有名です。阿賀野川、信濃川、小阿賀野川の3河川が区域を流れており、川沿いに広がる田園風景と合わせて「水と緑のまち」としても発展しています。「花のまち」と「水と緑のまち」を合わせた、「花と緑に囲まれた、快適でにぎわいのあるまち」をスローガンに、秋葉区ではまちづくりに取り組んでいます。

新潟市秋葉区の特徴

「古津八幡山遺跡」には、「弥生時代の大規模集落」と新潟県最大の古墳である「古津八幡山古墳」があります。この遺跡は平成17年に、国指定の史跡に選ばれました。平成27年から遺跡の全面公開を開始したことで、多くの人々を引きつけている新潟市秋葉区を代表する観光スポットです。
この遺跡内にある「歴史の広場」には、出土品を展示している「弥生の丘展示館」や、遺跡を復元して整備している「史跡公園」があります。
かつてのJR新津駅は、「西の米原、東の新津」と呼ばれた、日本海側の鉄道の要所でした。「鉄道のまち」として栄えていた頃の貴重な資料は、「新津鉄道資料館」で展示されています。鉄道のまちの歴史を後世に伝え続けるため、「にいつ鉄道まつり」が毎年10月に開かれています。
「小須戸温泉健康センター 花の湯館」は、大浴場や、サウナ、露天風呂を提供しています。また、障がい者は無料で入館できます。「国道403号フラワーロード」は、市民ボランティアが季節に合わせた花を国道沿いに植える、花のまち秋葉区を象徴するスポットです。5月〜6月に開催される「さつきまつり」は、全国で最も長い歴史がある、さつきの展示即売会です。

新潟市秋葉区の健康・医療

「新津健康センター」や「小須戸地域保健福祉センター」では、区民の健康づくりに関わるサービスを提供しています。特に新津健康センターでは、健康診断や健康相談だけでなく、区民に向けてお風呂も提供しています。
秋葉区では、年間を通じて区民参加のスポーツ大会が行われています。大会で行われる競技は、バスケットボールやバドミントン、マラソンなどさまざまです。巨大なアリーナのある「秋葉区総合体育館」にて、頻繁に開催されます。

保険コラム 「収入に占める生命保険料の割合」

一般的に独身の人が支払う生命保険料の月額は、1か月の手取り収入の1割以内に抑えることが望ましいといわれています。1割以上支払ってしまうと、貯蓄に回すお金が少なくなり、家計を圧迫する可能性があるため、注意が必要です。
保険契約で無駄を無くす方法のひとつは、将来の資金計画を考えた後、支払える保険料の金額を決定することです。保険に関して実績のあるファイナンシャル・プランナーであれば、ライフプランに合わせた適切な保険を提案することが可能です。
昇給が続いてある程度手取りが増えた場合、また転職で逆に手取りが下がってしまった場合なども、その都度世帯年収に応じた生命保険料に見直して家計の負担をできるだけ抑えることも可能です。ただし、保険を見直す年齢と加入するプランによっては見直ししても保険料が逆に下がってしまう可能性もあるので見直しの際は注意が必要です。
保険に詳しいファイナンシャル・プランナーに相談し、加入している保険を見直しについて相談するという選択肢もあります。ファイナンシャル・プランナーは、相談者の希望を聞き最適な保険プランを提案する家計や保険の専門家です。ファイナンシャル・プランナーは、保険料だけでなく最低限必要な保障額についても気をつけながら、最適なプランを選ぶように相談者に適切なアドバイスをいたします。
保険は長期にわたって家計に影響を与えるので、ライフプランについてしっかりと考えることができるファイナンシャル・プランナーを見つけて相談することが望ましいといえます。自分の収入と支出の状況を踏まえたうえで、無理のない範囲で保険を選びましょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ