「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/08/19 現在)

新潟市中央区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

新潟県・ 新潟市中央区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

新潟市中央区

PICK UP - 新潟市中央区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社RKコンサルティング 渡邉  直子
いつでも自分らしく! ご相談者1人1人の立場になり、幸せ・安心・夢の実現のお手伝いをさせていただくこと。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 新潟県
あんしんFPパートナー株式会社 柴田 祐一郎
感謝されるコンサルティング
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 愛知県

新潟市中央区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

新潟市中央区対応のFP一覧はこちら

新潟市中央区のエリア情報

新潟市中央区の概要

新潟市中央区は、平成19年4月1日に誕生した新潟県の都市のひとつです。人口数は、平成22年時点で180,537人。世帯数は85,405世帯となっています。新潟市中央区の東側には栗ノ木川が流れ、西側には関屋分水路があり、南側には鳥屋野潟、北側には日本海が広がっています。また、市の中央には信濃川が流れているなど、至るところで自然を感じられる、魅力あふれる都市です。
そんな新潟市中央区にはさまざまな都市機能が集まり、現在では土地の高度利用が進んでいます。その一方で、萬代橋やみなとまちの歴史的建造物など、国の重要文化財に指定された建造物は、今なお古きよき趣を今世に残しています。つまり、新潟市中央区は日々進化しつつも、伝統的文化をしっかりと感じられる都市なのです。
新潟市中央区には、鉄道の駅が3駅設置されています。中でも新潟駅においては、上越新幹線をはじめ、信越本線、白新線、越後線が乗り入れています。この他、高速道において北陸道と磐越道、日本海東北道の3路線の結節点を擁している、そしてバスにおいて市中心部・郊外に向けてさまざまな路線が運行しているなどの特徴があげられます。

新潟市中央区の特徴

新潟市中央区には、「都心が賑わい、人々が集い、交流する水辺のまち」というコンセプトがあります。これは、新潟市中央区の特徴である“豊かな自然・水辺”と“伝統文化が感じられる都市”を表現したもの。新潟市中央区は、この想いを表現するとともに、市内外に新潟市中央区をアピールするため、誰にでも親しみやすい色を作成しました。その色は「ウォーターフロントブルー」。新潟市中央区の北側に広がる日本海を思わせるような、濃い青色が特徴です。
そんな新潟市中央区には、興味をそそられるような観光スポットやイベントがあります。例えば、「旧齋藤家別邸」がその一例です。新潟・古町の花柳界は、京都・祇園、東京・新橋と並び称されています。200年もの伝統を誇る花柳の舞を間近で観賞できる旧齋藤家別邸で、昔から伝わる和の文化を堪能してみるのも良いかもしれません。この他、季節が冬になると楽しめる「NIIGATA 光のページェント」も外せないイベント。新潟県の冬の風物詩として定着しているこのイベントは、JR新潟駅南口からすぐのところにある、新潟駅南けやき通りにて楽しむことができます。

新潟市中央区の健康・医療

新潟市中央区では、「地域健康福祉計画」という計画を平成27年からスタートさせています。これは老若男女問わず一人ひとりが参加し、地域の課題を解決するためにできることを生活者の視点で一歩ずつ進めていくきっかけとなるもの。「誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるように」という願いを込め、取り組んでいます。
この他、新潟市全体で取り組んでいる「にいがたし健幸マイレージ」もあげられます。これは、市体育施設をはじめ、健康づくりのイベントや教室に参加するとスタンプやシールがもらえ、これらが5個集まると景品がもらえるというもの。景品は腕時計や万歩計、健康グッズなど豪華なものばかり。健康を意識するきっかけとなる、良い取り組みといえます。

保険コラム 「自動車保険の補償」

民間(任意加入)の自動車保険は、主に3つの補償で構成されています。
ひとつは「相手方への補償」。相手にケガを負わせてしまったり、治療費や慰謝料が必要になったりした場合の補償です。
もうひとつは「自身や同乗者への補償」。自身や同乗者がケガを負い、それに伴い仕事を休まなければならない場合などが対象です。
最後は、「自身の車への補償」。事故の損傷が大きく、車を修理しなければならなくなった場合が対象です。
このように、自動車保険の補償には種類があり、これらの組み合わせは利用者が自由に選択することができます。そのため、自身に必要な補償はどれなのかをきちんと見極めて選択することが大切です。
「どの補償が必要なのかよくわからない」という場合は、自動車保険をはじめとした損害保険・また生命保険の両方が取り扱えるファイナンシャル・プランナーへの相談がおすすめです。ファイナンシャル・プランナーに相談することで、専門家からのアドバイスを受けることができ、自分や家族のライフプランに見合った選択が可能となります。自分で保険を選ぶのが不安という方は、一人で悩まず、一度ファイナンシャル・プランナーに相談してみると良いかもしれません。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ