「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/08/19 現在)

新潟市北区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

新潟県・ 新潟市北区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

新潟市北区

PICK UP - 新潟市北区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社RKコンサルティング
灰野 亜矢子 (ハイノ アヤコ)

詳細を見る ›

株式会社RKコンサルティング 灰野 亜矢子
おひとりおひとりにぴったりのオーダーメイド設計を致します。 親しみやすく、話しやすい雰囲気での相談を心がけています。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 新潟県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:佐渡島

新潟市北区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

新潟市北区対応のFP一覧はこちら

新潟市北区のエリア情報

新潟市北区の概要

新潟市北区は、新潟県新潟市の東北に位置する、面積107.72km2の行政区です。平成29年3月のデータによると、人口は75,346人(男性:36,822人、女性:38,524人)です。新潟市北区の総世帯数は、28,619世帯です。
新潟市北区には、日本海側の最大級の工業地帯である、「新潟東港工業地帯」があります。1,533haの全体面積のうち、909haに及ぶ工業地帯が敷かれており、200社以上の企業が集まっています。新潟東港は、日本海側唯一の「中核国際港湾」として指定され、新潟市の地域経済の発展に大きく貢献しています。
新潟市北区は、自然に囲まれた豊かな行政区です。海岸沿いには松林が広がり、福島潟には貴重な植物である「オニバス」をはじめ多くの自然を見ることができます。また、新潟市北区は全体を通して、田園地帯が広がっています。そんな新潟市北区のイメージカラーは、ネイチャーグリーンです。自然豊かな新潟市北区に合った、人々にやすらぎを与える色です。

新潟市北区の特徴

新潟市北区では、定期市(いち)が有名です。代表的な定期市として、「葛塚市場」と「松浜市場」があります。「葛塚市場」は、1761年から続く伝統的な六斎市です。六斎市は、月に6回開かれる市です。常盤町通りに約100軒の露店が、その季節の旬の魚や野菜、日常生活品を販売します。新潟市北区名産のやきなすやトマトは特に人気が高く、大勢の人々が集い、活気に満ちます。
「松浜市場」は、新屋敷通りで開かれる定期市です。地元農家直送の新鮮な野菜や、鮮魚などが販売されます。冬の時期に売られる「あかひげ」は、松浜地区の特産品として有名です。
新潟市北区では、お祭りが多く開催されます。8月25日に開催される「阿賀野川ござれや花火」では、水中花火や2尺玉など、いろいろな種類の花火が打ち上げられます。毎年、県内外から大勢の人が集い賑わう花火大会です。
9月5日〜9月8日まで開かれる「葛塚まつり・豊栄大民謡ながし」では、山車巡行や神楽舞など見どころが多く、200店近くの露店が出店されます。特に、9月8日の「灯籠入舞」は、お祭り最大の見どころです。「高森集落にある大けやき」は、推定樹齢が1200年とされている新潟市北区のシンボルです。昭和33年に、県の指定天然記念物に選ばれました。養成工事が行われた結果、昔と変わらず雄大な姿を人々に見せています。

新潟市北区の健康・医療

新潟医療福祉大学が、健康講座を毎年開催しています。仕事帰りのビジネスマンも参加できるよう、夜間に開催しています。参加費は無料のため、健康づくりに興味や関心を持つ方から健康的な老後の生活を送りたいというお年寄りまで、誰もが参加できるイベントです。
区民の健康診断を行う場所として、「豊栄健康センター」があります。他のサービスとして、健康相談や栄養相談への回答などを行っています。施設の1階には「老人デイサービスセンターさわやか」が併設されており、新潟市北区を代表する健康福祉施設として利用されています。

保険コラム 「転職時の保険見直し」

ライフプランの変動時には保険も合わせて見直すことが大切ですが、転職でライフスタイルが大きく変わった場合も、保険の見直しを考えることが大切です。例えば、正社員からアルバイトや契約社員に転職をした場合、正社員の頃とは違って退職金や死亡退職金が支給されないのが一般的です。そのため、扶養家族がいる場合は死亡保障の上乗せが必要となることが考えられます。
また正社員から独立・起業した場合も、それまでに務めていた企業からの死亡退職金は無くなります。それだけでなく、厚生年金から国民年金へと切り替わるため、死亡時には遺族基礎年金のみが支給されることになり、将来受け取れる年金額についても違いが出てきます。死亡時の遺族保障だけでなく、老後の生活資金まで、資金計画の見直しにあわせて、それを支える保険の見直しが必要になります。
反対に、自営業やフリーランスから正社員へと転職した場合も、国民年金から厚生年金に切り替わることで、今後受けられる公的保障が大きく変わるため、それまで加入していた保険のプランを見直すことが大切です。
転職をするということは、ライフプランが変わるということです。ライフプランが変わると、今後のリスク対策、資金計画全般が大きく変わることになるため、資金計画のプロであるファイナンシャル・プランナーに相談しましょう。特に保険に強いファイナンシャル・プランナーに相談することで、今後のライフプランニングを見直すと共に、そのプランに見合った形で保険を考えることができます。
ファイナンシャル・プランナーによっては得意とする分野や苦手とする分野が異なるので、保険の新規加入や見直しの相談を考える際には、保険選びの実績が豊富なファイナンシャル・プランナーを選ぶことが大切です。少しでも無駄をなくし、手厚い保障を受けるためにも、お金の専門家と相談して自分にあった保険を選びましょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ