「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:403名(2017/10/19 現在)

新潟市西区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

新潟県・ 新潟市西区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

新潟市西区

PICK UP - 新潟市西区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社RKコンサルティング 渡邉  直子
いつでも自分らしく! ご相談者1人1人の立場になり、幸せ・安心・夢の実現のお手伝いをさせていただくこと。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 新潟県

あんしんFPパートナー株式会社
山本 智康 (ヤマモト ノリヤス)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 山本 智康
お客様が悩んでいる事を全力で解決する。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県

新潟市西区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

新潟市西区対応のFP一覧はこちら

新潟市西区のエリア情報

新潟市西区の概要

新潟県新潟市の信濃川および関屋分水路以西に位置する、新潟市西区。約4万本のチューリップやバラ、桜で知られる「寺尾中央公園」を所有する坂井輪地区、ラムサール条約にも登録されている砂丘湖「佐潟」を所有する西地区、元旦の地区マラソンが有名な黒埼地区の3地区を中心に構成されています。新潟市西区は良好な住宅地と知られている一方で、農地としての顔も持っています。また、複数の大学が建設されていたり、商業・農業などの産業が活発に行われていたりと、とても活気ある魅力的な地域です。
交通面においては、区の東側を通る北陸自動車道が主流です。この道路は磐越自動車道や日本海東北自動車道とつながっており、新潟市内にある他の区とスムーズに行き来することができます。
そんな新潟市西区の平成29年3月末時点の人口数は156,843人(男性:75,391人、女性:81,452人)で、66,931世帯です。総面積は約94 km 2で、新潟市内にある全区のうち5番目に広い地域です。

新潟市西区の特徴

新潟市西区には、自然や文化、娯楽などが楽しめるスポットが数多くあります。区で作成した「西区ガイドマップ」には、これらをまとめた地図や各スポットの見どころなどが紹介されており、このマップを見ながら観光することで、西区をより堪能できます。
新潟市西区の見どころとして、まず「佐潟」があげられます。佐潟は、新潟砂丘の砂丘列間の窪地に形成された砂丘湖です。ガンカモ類の集団渡来地として知られており、ハクチョウ、マガン、オオヒシクイなど数種類の野鳥の姿が見られます。「自然公園法特別地域」や「国指定佐潟鳥獣保護区」に指定されていることに加えて、「ラムサ−ル条約湿地」にも指定されています。
また、ファミリー層から人気のスポットとして「新潟ふるさと村」があります。色とりどりの花が咲き誇る施設内には、子どもの遊び場や、新潟の特産品や伝統工芸品などを販売しているショップがそろっています。施設内にあるアピール館では、新潟の歴史や文化などを見たり聞いたりして楽しむことができます。

新潟市西区の健康・医療

新潟市西区には、ふたつの健康センターとふたつの地域保健福祉センターが設けられています。センターでは、区民の健康保持や福祉の増進のため、健康相談、健康教育、訪問指導および機能訓練、栄養相談などさまざまな活動を行っています。
この他、佐潟周辺の散策を楽しんでもらいたいという思いから、レンタサイクルの無料貸出を行っています。誰でも気軽に借りることができ、自分の健康づくりに役立てることも可能です。

保険コラム 「高度障害保険金の概要」

生命保険に加入しておくことで得られる保険金のひとつに、「高度障害保険金」があります。これは、本人が高度障害状態であると認められ、かつ回復の見込みがない場合に受け取れる保険金です。
死亡保険の保険金同様の価値があり、契約している死亡保険で死亡保障と同額の高度障害保険金を受け取った場合は、保険を使ったとみなされ、契約は消滅します。
高度障害状態は、一般的に以下の7つに分類されます。

1.両眼の視力を完全に失っている状態
2.言語機能の喪失により意思疎通ができない状態、またはそしゃく機能の喪失により流動食以外が食べられない状態
3.中枢神経系、精神または胸腹部臓器に障害が起き、永久的に要介護になった状態
4.両手が完全運動麻痺により機能しない状態、または両手首から上を失った状態
5.両足が完全運動麻痺により機能しない状態、または両足首から上を失った状態
6.片手首・片足首から上を失った状態、または片手首から上を失い、片足の機能を完全に失った状態
7.片手の機能を完全に失い、片足首から上を失った状態

上記のうち、いずれかにあてはまり、かつ条件を満たしている場合、高度障害保険金を受け取ることができます。なお、自身の死亡保険に含まれている高度障害保険金の金額の確認や、保険の見直しについては、保険の専門家であるファイナンシャル・プランナー(FP)に相談することが可能です。
ファイナンシャル・プランナーは、相談者の希望するライフプランを叶えるために資金面でアドバイスなどを行う専門家です。保険相談に特化したファイナンシャル・プランナーであれば、自身の保険の加入状況や見直しについて相談し、適切なアドバイスを受けることができるでしょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ