「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:404名(2017/11/19 現在)

大阪市住吉区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

大阪府・ 大阪市住吉区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

大阪市住吉区

PICK UP - 大阪市住吉区のおすすめファイナンシャル・プランナー

ブロードマインド株式会社 越見 直行
各家庭によりリスクが異なるため、より適切・詳細なご提案を心がけています。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

株式会社RKコンサルティング
和田 智恵子 (ワダ チエコ)

詳細を見る ›

株式会社RKコンサルティング 和田 智恵子
お客様の不安や問題点を検討し、お一人おひとりに合った無駄のないプランをご案内し安心をお届けする事
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:大阪市、豊中市、吹田市 以外は不可

ブロードマインド株式会社
関口 洋 (セキグチ ヨウ)

詳細を見る ›

ブロードマインド株式会社 関口 洋
身体的にも経済的にも何があっても安定できるマネープランを構築すること
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

大阪市住吉区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

大阪市住吉区対応のFP一覧はこちら

大阪市住吉区のエリア情報

大阪市住吉区の概要

大阪市住吉区は、大阪府大阪市の最南端に位置する地域です。大阪市住吉区の北側は阿倍野区、西側は住之江区、東側は東住吉区に隣接しており、大和川を隔てて南側は堺市に隣接しています。 平成29年2月における大阪市住吉区の総人口は、153,530人(男性:71,754人、女性:81,776人)です。世帯数は、71,898世帯となっています。区の面積は、9.40km2です。

大阪市住吉区の特徴

大阪市住吉区には、大阪を代表する神社仏閣のひとつ「住吉大社」があります。年始めの三が日には、区民はもちろん全国各地から多くの人々が初詣に住吉大社を訪れます。大阪市住吉区には、住吉大社以外にも「吾彦山大聖観音寺」や「大海神社」、「生根神社」や「閻魔地蔵尊」など数多くの由緒ある神社仏閣や史跡が残されています。こうした歴史的・文化的である町並みを後世に残そうと、平成12年に「住吉大社周辺地区HOPEゾーン協議会」が設立され、大阪市住吉区内にある道路や建物、公園などの修景整備が一体的に行われる事業が進められています。さらに住吉区には、昭和3年に全国初となる市立商科大学として開設された大阪市立大学があり、諸外国との学術交流の拠点として、大学間交流や学生交流を推進しています。

大阪市住吉区の健康・医療

大阪市住吉区では、誰もが安心していつまでも暮らせるように、健康や医療に関するさまざまな取り組みが行われています。そのひとつに、「健やかライフ塾」があります。健やかライフ塾とは、シニア世代に向けた認知症を予防するためのイベント講座です。また、幅広い世代に向けて、食中毒予防に関する健康講座や、薬の正しい使い方に関する講座など、健康的な生活を送るうえで必要となるさまざまな健康講座が行われています。

保険コラム 「もしも自営業の夫が死亡してしまったら?そんなときの寡婦年金」

自営業を営む夫が事故や病気により死亡してしまった場合、残された家族は「遺族基礎年金」を受け取ることができます。ただし、遺族基礎年金を受け取ることができるのは、その子どもと、子どものいる妻に限られます。つまり、子どもがいない場合は、妻であっても遺族基礎年金を受け取ることはできません。ちなみに、ここでいう「子ども」とは、一般的に高校を卒業するまでの18歳未満の子どもを指します。障害を抱えている子どもの場合は、20歳未満となります。
子どもがいなければ、また、子どもが成人していれば受け取ることのできない遺族基礎年金ですが、子どもがいなかったり、子どもが成人したりしていても受け取ることのできる年金もあります。「寡婦年金」がそれに該当します。寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納付した期間が25年以上ある夫が年金を受け取らずに死亡してしまった場合に、夫が受け取るはずだった年金額を妻に支給する年金制度です。対象となる場合は60歳〜65歳になるまでの5年間が受取期間となります。また、寡婦年金には、受取期間以外に「10年以上の婚姻期間がある場合」という条件も設けられています。そのため、結婚したばかりなど婚姻期間が10年未満である場合は、寡婦年金受給の対象外となるため受け取ることはできません。

公的年金は、仕組みが複雑です。特に遺族年金は条件が細かいため、万一の際に受け取れる年金受給額がどれくらいなのか、よくわからないという方も多いでしょう。ただ、生命保険を考えるときに公的年金の保障額を知っておくことはとても大切なことです。夫に何かあった場合、公的年金である程度保障が受けられるのであれば生命保険の金額を大きくする必要がなくなり、保障のかけ過ぎによる保険料の増加を防ぐことができます。

生命保険を考える場合は、保険だけでなく公的年金制度に詳しいファイナンシャル・プランナーへの相談がおすすめです。ファイナンシャル・プランナーに相談することで、「自分は寡婦年金の対象者であるかどうか」、また、「寡婦年金以外に受け取ることのできる給付金はあるかどうか」などを明確にすることができます。自営業の夫を持つ方は、ファイナンシャル・プランナーに相談してみると良いでしょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ