「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:540名(2020/04/03 現在)

越谷市で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

埼玉県・越谷市
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - 越谷市のおすすめファイナンシャル・プランナー

越谷市対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

越谷市対応のFP一覧はこちら

越谷市のお役立ち情報

越谷市の概要

越谷市は、埼玉県の南東部に位置する人口約34万人の都市で、中核市に指定されています。

越谷市の主要な駅は、JR「南越谷」駅と東武スカイツリーライン「新越谷」駅です。かつては東武鉄道「越谷」駅が主要な駅でしたが、現在はこの2駅が中心となっています。

南越谷駅には武蔵野線が、新越谷駅には伊勢崎線が乗り入れており、上野、東京(大手町)、霞ヶ関、渋谷など、東京都内の主要駅まで乗り換えなしで行くことができます。

越谷市は都内へのアクセスが便利なため、越谷市内から東京23区内へ通勤・通学する住民は4万人を超えています。

南越谷駅・新越谷駅はどちらも南越谷にあり、駅の拡張から商業施設の集積、住宅地の開発は現在も進められています。

駅周辺は行政、金融、商業施設、病院、学校と数多くの施設が集まっているため、市内の中心地といえるでしょう。

越谷市の特徴

埼玉県の南東部にある越谷市は、都内へのアクセスの良さから、東京のベッドタウンとして発展してきました。

越谷市は、緑あふれる田園地帯が醸し出すのどかな雰囲気と、駅周辺の住宅地や商業地帯の対比が特徴的です。

住みやすさと利便性を兼ねそなえているため、平日は都内へ通勤し、休日はゆったりとした郊外の暮らしを楽しめます。

また、越谷には古くから「越谷だるま」「越谷手焼きせんべい」「越谷ひな人形」などの伝統工芸品が受け継がれてきました。

特に有名な「越谷だるま」は、年間約40万個もの生産量といわれています。一般的なだるまより鼻が高く、上品な顔立ちが特徴的です。縁起物として、関東から北海道まで、各地の神社で奉納されている越谷だるまは、市内各所でも手軽に購入できますよ。
自宅にひとつ、縁起物としてそなえておくのも良いですね。

越谷市の健康・医療

越谷市内の病院数は15院、一般診療所は167院です。
代表的な医療施設に、獨協医科大学埼玉医療センター、越谷市立病院、協友会 越谷誠和病院などがあります。

病気やケガの際にはどの総合病院が行きやすいか、自宅近くの一般診療所はどこにあるのか、事前に確認しておきましょう。

越谷市では市民の健康を守るため、生活習慣病予防セミナーや運動セミナーなど、さまざまな取り組みを実施しています。

自身や家族の健康に不安がある方は、各健康セミナーを利用し、健康意識を高めることから始めましょう。

健康に気をつけていても、予期せず病気にかかってしまうこともあるでしょう。病気にかかることを、100%防ぐことはできないからです。

ただ、病気になったときに適切な治療を行えるよう、十分な治療費を備えておくことは可能です。

治療費に備える方法としては十分な貯蓄のほか、医療保険や傷害保険などを利用する方法もあります。貯蓄や保険の適切な配分については、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーに相談しましょう。

ニッセンライフなら、越谷市で気軽に相談できるファイナンシャル・プランナーを無料でご紹介しています。この機会にファイナンシャル・プランナー相談を利用して、万一にそなえてください。


(2019年11月25日更新)

電話で問い合わせる

0120-135-594
受付時間:[平日]10:00~19:00

ニッセンライフの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する
FP用語集
家計の未来
専門家コラム
ページトップへ