「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/08/19 現在)

浜松市中区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

静岡県・ 浜松市中区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

浜松市中区

PICK UP - 浜松市中区のおすすめファイナンシャル・プランナー

あんしんFPパートナー株式会社
徳田 巳冬 (トクダ ミフユ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 徳田 巳冬
保険だけの知識にとどまらず、税金、不動産、社会保険など情報を常に更新していきお客様をお守りします。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 静岡県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:伊豆エリア

あんしんFPパートナー株式会社 畠山 由光
今と未来を御相談者様と一緒に考え一緒に想像し、そして一生涯の最高のパートナーである事。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 静岡県

浜松市中区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

浜松市中区対応のFP一覧はこちら

浜松市中区のエリア情報

浜松市中区の概要

静岡県の西部に位置する浜松市は、静岡県で最も人口の多い都市です。平成28年12月時点では、796,847人と推計されています。中区はその浜松市のなかで中心部に位置し、面積は市全体の3%程度ですが、人口は市全体の30%を占めます。
浜松市はものづくりの街として知られ、特にバイクに関しては国内4メーカーのうち3メーカーが創業した地です。ヤマハに関しては、現在も浜松市中区を拠点としています。
また、浜松市中区にある楽器博物館は日本で唯一の公立楽器博物館です。
静岡県でも最大の地域である浜松市中区は、交通の要衝でもあります。JR浜松駅には東海道新幹線をはじめ多数の路線が乗り入れており、市の玄関口として重要な役割を果たしています。国道150号や国道152号、国道257号などの主要幹線も通っており、中区を中心としてさまざまな場所へアクセスすることが可能です。

浜松市中区の特徴

浜松市中区はものづくりだけでなく、文化面でも大きく発展しています。特に音楽に関しては力を入れており、アクトシティ浜松では国際ピアノコンクールやオーケストラの演奏などさまざまな音楽イベントが開催されています。このアクトシティ浜松をはじめとして、美術館や博物館、科学館、復興記念館、浜松こども館など、浜松市中区には多くの文化施設があり区民に親しまれています。
静岡県を代表する都市でありながら、市民が憩いの場として使用する公園などが多いのも浜松市中区の特徴のひとつ。浜松城公園や佐鳴湖公園、花川運動公園をはじめ、さまざまな公園や緑地が都市部とは別に広がっています。

浜松市中区の健康・医療

浜松市中区では、「健康はままつ21」のプロジェクトを推進しています。「健康はままつ21」の目標は、「健康寿命の延伸」「生活の質の向上」「子どもの健やかな成長」の3つ。高齢者だけでなく若い世代にも健康や生活習慣病について考えてもらうため、保健師等が地域保健活動を行っています。具体的には、さまざまな健康相談や家庭訪問などを行い、平成28年は保健師による母子訪問件数が4,500件を数えています。
また、生涯を通じて心身ともに健康でいるため、浜松市中区では生涯学習、文化・スポーツを活用した生きがいづくりにも力を入れています。そのための各団体の活動場所として協働センターが提供され、平成28年の使用率は77%となりました。

保険コラム 「火災保険の対象はどう決める?」

保険に関して悩んだときに頼りになるのが、ファイナンシャル・プランナーです。ファイナンシャル・プランナーは人生にかかるお金や保険に関する専門家として、生活に潜むあらゆるリスクにどう対処するべきか、相談者の状況から適切なアドバイスをいたします。
生活のリスクの一つとして、大切なマイホームが火災にあった際の補償が気になる方は多いでしょう。火災保険は契約時に保険の対象を選ぶことができますが、どう選べばよいか悩む方も少なくありません。選び方についてのアドバイスを聞くことも有益ですが、大切なマイホームに関わることですので、保険の内容について自身でもある程度把握しておくことも必要です。
火災保険の対象を3つに分けると、「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財」に分けられます。
家が賃貸住宅であれば、選択肢はシンプルです。賃貸住宅の家主が火災保険に加入しているので、建物については補償されます。個人で契約すべきは、家財のみの火災保険です。
分譲マンションに住んでいる場合は、共用部分にのみ火災保険がかけられていることがほとんどなので、専有部分の建物と家財を補償してくれる火災保険を選びます。ただし、マンションがどのような火災保険に加入しているのか、購入時にしっかり確認しておく必要があります。
戸建てであれば、建物と家財を対象とするのがおすすめです。なお、フラット35ローンを利用した場合などは、火災保険への加入が義務づけられています。
簡単に分けると火災保険の対象は3つですが、さまざまな方式や特約があり、簡単に決められるものではありません。自身のライフスタイルにはどのような組み合わせが最適なのか、一度ファイナンシャル・プランナーに相談してみることをおすすめします。ファイナンシャル・プランナーは相談者の収入や家族構成などを踏まえて総合的な資金計画を提案することができるので、火災保険選びの際にもファイナンシャル・プランナーは大きな役割を果たします。火災保険について相談する際は、その他の保険との組み合わせについてもファイナンシャル・プランナーに相談することがおすすめです。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ