「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:407名(2017/12/17 現在)

浜松市天竜区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

静岡県・ 浜松市天竜区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

浜松市天竜区

PICK UP - 浜松市天竜区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社FPパートナー 伊藤 純
保険は自分と愛する家族を守る、とても大切な商品です何となく加入するのではなく、万が一の出来事があっても、何事もなく長生きされた場合でも、困らない最適なものを一緒に選んでいきたいと思っております。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 静岡県
株式会社FPパートナー 塩川 徳成
金融畑の経験則を活かした、より確度の高い、ライフプランニングの構築をベースに、その方々(あるいは法人)に、ムリのないお金の流れをマッチングさせること、をモットーとします。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県

浜松市天竜区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

浜松市天竜区対応のFP一覧はこちら

浜松市天竜区のエリア情報

浜松市天竜区の概要

浜松市天竜区は、静岡県浜松市の北に位置し、広大な森林を持つ地域です。天竜区の人口は33,957人、世帯数は12,089世帯で、浜松市のなかでは最も少ない規模です。人口の過疎化と少子高齢化は天竜区の課題となっており、道路網の整備や産業の活性化、魅力的な地域づくりなどの取り組みが行われています。一方、総面積は943.84km2と全区中で最も広く、全市の約61%をも占めています。これだけ広いのは大きな森林を持つためで、森林は天竜区の約91%を占めています。
天竜区の幹線道路は、国道152号線と国道473号線、国道362号線です。公共交通機関は主にバスであり、水窪ふれあいバス、佐久間ふれあいバス、天龍ふれあいバスなどが走って区民の重要な足となっています。

浜松市天竜区の特徴

森林が多くを占める浜松市天竜区の特徴は、広大で美しい自然にあります。天竜区の北のほうにそびえる光明山、秋葉山、白倉山、竜頭山、山住山は北遠五名山として親しまれており、四季折々の眺望のよさが評価されています。
そして、北遠五名山からの清流がそそぎ込まれるのが、区名にもなっている天竜川です。天竜川のところどころにつくられたダムは工業用水、農業用水、生活用水を供給しており、天竜川は天竜区の住民にとってなくてはならないものとなっています。天竜川は、かつては船を使った通り道として使われていました。その流れを受け、現在はボートなどの水上スポーツを楽しむ場として親しまれています。全国高等学校選抜ボート大会、ボートフェスティバルなどが定期的に開かれているほか、2kmものコースを持つ天龍ボート場は“ボートの聖地”として認められています。天竜区は区の魅力を広く発信していくために、「ボートのまち天竜」として気軽に体験できる施設なども設置しています。
また、雄大な山々や恵みの川などを持つ天竜区では、田舎暮らしのよさを積極的に発信しています。その取り組みのひとつが、「てんりゅう暮らしの見本帖」の作成です。この見本帖には天竜区ならではのライフスタイルが詰まっており、実際に天竜区に住む人々のインタビューが多数掲載されています。載っているのは、例えばイカダをつくるなどの川遊びをする子どもたちや、昔ながらの“やな漁”をする人など、「水とともにある暮らし」に着目しています。

浜松市天竜区の健康・医療

健康のために重要となるのは、日々の生活のなかで続ける運動。浜松市天竜区では、広大な自然を生かし、さまざまなサイクリングコースを作成・紹介しています。山の表情は四季の移ろいに合わせて変化していくため、同じコースでも違った景観が見られる点が魅力です。コースはファミリー向けの6.7km程度の長さもあれば、100km近くの上級者向け本格コースもあります。

保険コラム 「自転車保険の加入義務化に救済効果はあるか?」

自転車事故にまつわる高額賠償の事例が増加してきたことから、自転車保険への関心が高まりを見せています。それに合わせて加速しているのが、自治体主導による自転車保険への加入促進。つまり、自転車保険への加入を義務化する自治体が増えてきているのです。今のところ罰則を定めている自治体はなく、拘束力はそれほど高くないといえます。実際、全国で初めて加入義務化を施行した兵庫県は、平成28年5月の時点で自転車保険未加入の利用者もまだ多いとみています。
そのうえで、兵庫県は自転車保険の加入義務化に一定の救済効果があったとしています。県交通安全協会が提供している自転車保険においては、発売開始から1年で発生した保険料の支払いは340件に。この保険だけでみても、1日に約1件の支払いが発生していることになります。
このように、もしもに備えて加入することのできる自転車保険ですが、種類が豊富でその仕組みも少し複雑です。
自身に合った保険が分からない場合は、ファイナンシャル・プランナーに相談してみましょう。損害保険についての相談を受け付けているファイナンシャル・プランナーであれば、自転車保険についてもアドバイスを求めることができるでしょう。種類が豊富なだけでなく、自転車保険は補償内容の重複にも気を付けなければならないため、加入を検討する際はファイナンシャル・プランナーに保険の見直しを依頼してみることが大切です。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ