「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/03/27 現在)

板橋区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

東京都・板橋区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

板橋区

PICK UP - 板橋区のおすすめファイナンシャル・プランナー

あんしんFPパートナー株式会社
沖山 隆 (オキヤマ タカシ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 沖山 隆
お客様のライフプランありきでファイナンシャル・プランナーの良心を持ってご提案致します。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:埼玉県北部(大宮以北,熊谷,秩父)・千葉県房総エリア・神奈川県小田原エリア

ベストセレクトコンサルティング株式会社
中村 明伸 (ナカムラ アキノブ)

詳細を見る ›

ベストセレクトコンサルティング株式会社 中村 明伸
お客様のご要望をきちんと理解したうえで、お客様ご自身がお気付きでないニーズを浮き彫りにし、お客様ひとりひとりにあった提案をしていく。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社RKコンサルティング 関口  直亨
相談は丁寧かつ楽しく出来ればと思います。 また皆さまのお力に成れるよう日々日々精進しています。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

板橋区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

板橋区対応のFP一覧はこちら

板橋区区のエリア情報

板橋区の概要

東京都板橋区は、東京23区のうちの一つです。武蔵野台地の北西部にあり、隣接自治体は豊島区、北区、練馬区、埼玉県戸田市、埼玉県和光市です。南部から北部にかけて傾斜しており、南東から北西にかけて長い形をした地域です。15万年前の地層からは、貝の化石も見つかっており、太古の昔は海だったことがうかがえます。東京都板橋区の区名の由来ははっきりしていませんが、中山道の通る石神井川を渡るための板でできた橋が元なのではないかと推測されており、鎌倉時代にはすでに「板橋」という地名が存在していたことが史料からわかっています。板橋区の人口は約56万人、約30万世帯です(2016年7月現在)。板橋区の紋章は、カタカナの「イタバシ」の文字を図案化したもので、円と4つの三角が組み合わせられています。板橋区では各施策における事業やサービスの普及を図り、市民の理解と愛着を深めるために様々なロゴ・マーク・キャラクターを作成しています。ひらがなと漢字でできたロゴ、観光キャラクター「りんりんちゃん」、いたばし健康づくりのシンボルマークの「健ちゃんマーク」などがあります。また、各地域の自治体とも交流をふかめており、石川県金沢市、岩手県大船渡市、栃木県日光市と交流があります。

板橋区の特徴

板橋区は行政の経営革新の実績が評価され、全国市区の経営革新度調査では板橋区が全国総合4位でした。職員の提案によって、様々な施設の建設、行政を評価するための仕組みの導入、民間委託の拡大などを行い、効率化・活性度という指標で全国2位と高い評価を得ています。特に、ホームページを使った図書検索や施設・図書の利用予約、フェイスブック・ツイッターを利用した情報発信、議会審議のインターネット中継という、東京都の中でもとりわけインターネット使った取り組みを重点的に行っています。コンビニでは区役所の一部の業務が提供されており、市民にとって便利な環境が整いつつあります。板橋区の景観は、古くからの街道が中心になっています。中山道沿いの志村一里塚など歴史的に重要な景観を残しつつ、高速道路や環状道路も開通しており新旧が混在した特徴的な景観です。赤塚地域には農地が点在しており、今でも農業が営まれています。池、公園、農地という緑が豊かな景観に包まれながらも、住宅街、幹線道路、街道など生活に必要なインフラが整っています。公共交通では、北部では都営三田線を利用できます。板橋駅には、JR埼京線が乗り入れており、都心部へ通勤・通学するのに便利です。

板橋区の健康・医療

東京都板橋区の健康・医療に関しては、一般診療所が353か所、人口10万人あたりの施設数は65.88か所と、全国平均の68.42か所よりもわずかに少ないです。小児科系診療所に関しては、人口10万人あたりの施設数が20.16か所であり、全国平均の15.46か所を上回っており、充実しているといえます。板橋区独自の健康づくりのための施策は、「いたばし健康プラン~板橋区健康づくり21計画(第二次)~」に策定されており、区民が健康で長生きできるように様々なサポートを計画しています。「栄養・食生活」、「運動」、「禁煙」を柱にした計画で、健康づくりに関する正しい情報の提供や、自主グループやボランティア活動への支援、健康づくりプログラムの実施、児童館や幼稚園、保育園(保育所)、医療・保健関連施設などとの連携を通じて、区民の健康づくりに取り組んでいます。出生から中学3年生まで、「子ども医療費助成」があるので、子どもにかかる診療代金のうち健康保険を使った自己負担分は、板橋区が助成金として負担します。他にも子どもの慢性疾患、療育、育成医療などにも各種助成が充実しています。「後期高齢者医療制度・給付」もあり、子どもだけでなく高齢者に必要な医療費なども補助しています。

保険コラム 「保険相談・保険見直しで重要な3つのポイント」

ここでは、加入に関する保険相談や、既に加入している保険見直しのご相談をされる際、必ずご確認いただきたい3つのポイントをご紹介します。ファイナンシャル・プランナーからももちろんきちんとした説明があるはずですが、予めご認識いただいたうえでご相談に望まれた方がより理解が深まるといえます。

1.いま必要であるかどうか
2.余計な保障内容がついていないかどうか
3.保険相談時のシチュエーションは満足いくものか

まず、保険への加入や保険見直しが、いま本当に必要であるかどうかをご確認ください。保険の必要性は、お客様のライフステージや将来的なライフプランによって異なります。加入する必要性がある場合や見直しをする必要性がある場合にはもちろんご検討いただくことが最善となりますが、必ずしもそうしなければならないというものではありません。いまが本当に加入や保険見直しのタイミングなのかどうか、もう一度しっかりとご検討ください。
次に、保障内容についてのご確認です。新規加入する場合には加入をご検討されている保険の、そして既に加入されている場合にはその保険の保障内容が本当に必要であるかどうかをご確認ください。保障内容が充実すれば、それだけ保険料の負担は大きくなります。お客様にとって最も良い保険とは、保険料を保障のバランスが取れた保険です。万が一の際にはどれくらいの保障が必要になるのか、毎月どのくらいの保険料であれば負担が重くならないか、その点をもう一度ご検討ください。
最後に、保険相談時のシチュエーションです。ファイナンシャル・プランナーとの保険相談は、保険相談の窓口、お客様のご自宅、ファイナンシャル・プランナーの事務所など様々な場所でご利用いただけます。保険のご相談はお客様の一生を左右するもの、ゆっくりとお話いただける環境でのご相談を推奨いたします。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ