「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/04/30 現在)

目黒区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

東京都・目黒区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

目黒区

PICK UP - 目黒区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社RKコンサルティング 関口  直亨
相談は丁寧かつ楽しく出来ればと思います。 また皆さまのお力に成れるよう日々日々精進しています。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

あんしんFPパートナー株式会社
沖山 隆 (オキヤマ タカシ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 沖山 隆
お客様のライフプランありきでファイナンシャル・プランナーの良心を持ってご提案致します。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:埼玉県北部(大宮以北,熊谷,秩父)・千葉県房総エリア・神奈川県小田原エリア

ベストセレクトコンサルティング株式会社
中村 明伸 (ナカムラ アキノブ)

詳細を見る ›

ベストセレクトコンサルティング株式会社 中村 明伸
お客様のご要望をきちんと理解したうえで、お客様ご自身がお気付きでないニーズを浮き彫りにし、お客様ひとりひとりにあった提案をしていく。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 神奈川県

目黒区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

目黒区対応のFP一覧はこちら

目黒区区のエリア情報

目黒区の概要

東京都23区西部に位置する東京都目黒区は、東京23区内ではやや南西部に位置し、2本の角を有した形をしているのが特徴です。14.67km2の区域面積は、東京23区内では16番目に広い面積として全体の2.4%を占めています。区内には目黒川や呑川が流れ、川の水路に沿って成り立つ谷部は約20~30mの深さがあります。区域全体は比較的平坦な土地に恵まれているため主に住宅地としての開発が進み、区内では水防対策や震災対策、路面のバリアフリー化など住民の暮らしに重点を置いた開発が進んでいます。2016年7月1日時点における総人口は273,413人(男性129,229人、女性144,184人)、このうち外国人住民人口は7,991人(男性4,232人、女性3,759人)です。区内全体の総世帯数は152,809世帯と多く、1km2あたりの人口密度においても18,638人と多い統計が出ています。また、同時期における年齢別人口は30代が最も多く全体の約19%を占め、10代の人口が少なく全体の約6%です。(参考:東京都目黒区公式ホームページ「目黒区の今日の人口」及び「年齢別人口表(総計)」より)

目黒区の特徴

「住みたいまち、住み続けたいまち目黒 ともにつくる緑豊かな人間のまち」をスローガンに掲げる目黒区は、スローガンからも分かるように地域と住民が一体となって住みよいまちづくりに取り組んでいます。自然に恵まれた区内では、有名な目黒川沿いだけでなく各所に桜の名所を有し、毎年春を迎えると至る所で美しい桜の花や花見客を目にすることができます。寺院や歴史的な指定文化財を区内に有する反面、区内北部に位置する大橋地区には国内初めてとなるジャンクション屋上を利用した目黒天空庭園「オーパス夢ひろば」が2013年3月30日に開園しました。全11種類の自然豊かなエリアが設けられたオーパス夢ひろばは、国土交通大臣賞2015や土木学会デザイン賞2015など多くの賞を受賞し、開園以来東京都内外から多くの観光客が訪れています。そのほか、区内で人気のイベントには「自由が丘女神まつり」や「目黒のさんま祭」があります。自由が丘女神まつりは、自由が丘駅前に建つ「蒼穹の像(あおそらの像=通称「女神像」)」にちなんで毎年10月前半に開催され、当日は模擬店やステージパフォーマンス、フリーマーケットなど魅力的な出し物が多く用意されています。また、区外からも多くの来場者が訪れる「目黒のさんま祭」では、炭火で焼いたさんまの丸焼きを無料配布しています。これは落語「目黒のさんま」に因んだお祭りで、例年2万人以上の観光客が訪れ、祭りでふるまわれる炭火で焼くさんまには、多くの人が列をなし食べるまでに数時間かかるといわれています。

目黒区の健康・医療

目黒区内で急病や救急を必要とした際は、「東京都保健医療情報センターひまわり」や「東京消防庁救急相談センター」への相談で適切な診療病院の提案や具体的なアドバイスをもらうことができます。また、休日・夜間の診療が必要な場合には「中目黒診療所」をはじめとした3つの医療機関を利用できます。区内で健康診断の受診を希望する場合は、40歳以上の目黒区国民健康保険加入者「特定健康診査」の受診が可能です。受診には、対象者に予め送付される受診券が必要となりますが、費用は無料です。特定健康診査を受ける際は、基本的な健診と合わせて「眼底検査」や「眼圧検査」が行われ、医師が必要と判断した場合には「肺がん検診」の受診が追加される場合もあります。また、目黒区では診断と同時にメタボリックシンドロームの予防を目的とした保健指導を行うことで住民の健康づくりをサポートしています。主な指導内容は、食生活や運動、飲酒や喫煙など、生活習慣病と大きく繋がりのある毎日の習慣についてです。区全体でこうした取り組みを実施することで、住民一人一人が生活習慣病の予防に意識を持っていけるように促し、同時に高血圧や糖尿病などの40歳以上に多い疾患の予防を行っています。

保険コラム 「保険は妻も加入するべき?」

夫は生命保険や医療保険など、充実した保障が受けられる各種保険に加入しているけれど、妻は最低限の保険だけ。 実はこういうご家庭が非常に多いのです。万が一の場合の医療費負担と、夫がケガや病気、または亡くなってしまった場合の収入不安という観点でのみ、保険の重要性を判断しているケースです。
ですが、近年ではこうした「夫が働いて妻が家を守る」という昔ながらの家族スタイルは刷新されつつあります。夫だけでなく妻も働いている共働き夫婦、逆に妻が働きにでて夫が家を守る専業主夫のご家庭など、各ご家庭それぞれのスタイルがみられるようになりました。
それに応じて、「保険の加入は夫だけ」というような考え方も、既に古いものとなりつつあります。ご家庭の中の個人ではなく、家族全体で保険加入や保険見直しをしていく時代なのです。もちろん、加入する保険や保障内容の考え方も改めて考えていく必要があります。保険の選び方に迷った際には、保険のプロであるファイナンシャル・プランナーにご相談ください。ファイナンシャル・プランナーとの保険相談を通じて、ご家族が安心して暮らしていける保険を一緒に探していきましょう。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ