「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/03/27 現在)

大田区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

東京都・大田区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

大田区

PICK UP - 大田区のおすすめファイナンシャル・プランナー

株式会社RKコンサルティング 関口  直亨
相談は丁寧かつ楽しく出来ればと思います。 また皆さまのお力に成れるよう日々日々精進しています。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

あんしんFPパートナー株式会社
沖山 隆 (オキヤマ タカシ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 沖山 隆
お客様のライフプランありきでファイナンシャル・プランナーの良心を持ってご提案致します。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:埼玉県北部(大宮以北,熊谷,秩父)・千葉県房総エリア・神奈川県小田原エリア

ベストセレクトコンサルティング株式会社
中村 明伸 (ナカムラ アキノブ)

詳細を見る ›

ベストセレクトコンサルティング株式会社 中村 明伸
お客様のご要望をきちんと理解したうえで、お客様ご自身がお気付きでないニーズを浮き彫りにし、お客様ひとりひとりにあった提案をしていく。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 神奈川県

大田区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

大田区対応のFP一覧はこちら

大田区区のエリア情報

大田区の概要

東京都大田区は、海に近い武蔵野台地に位置している都市です。昔から、人の行き来が活発だったため、古い時代から人が住んでおり、旧石器時代の遺跡も発見されています。北西部の丘陵地帯と東南部の低地に分かれていて、低地部は埋め立て地と多摩川の堆積物からなります。一番海抜が高い場所は田園調布付近の海抜42.5mであり、埋め立て地・海岸線などでは1mで、土地の高低差のある地域です。北隣は目黒区、西側には世田谷区があり、多摩川を越えると県境をはさんで神奈川県に行くことができます。区の面積は、東京都23区内では一番広い面積です。 大田区は、江戸時代は漁村でした。海苔漁が盛んで、大田区は江戸前の海苔のふるさとです。加工された海苔は、東海道を通じて日本の各地へと運ばれていきました。大正時代からは、主に低地部に中小工場が立ち並ぶようになり、現在では京浜工業地帯を形成するまでに成長し、東京都内における一大工業地帯になりました。 関東大震災の後に住宅街が本格的に開発されるようになり、高級住宅街として有名な「田園調布」も誕生しました。桜並木をはじめとした緑豊かな景観と、邸宅が立ち並ぶ住宅街は今でも庭園と都市が一体となった地域であり、日本有数の高級住宅街として知られています。

大田区の特徴

東京都大田区の特徴は、交通環境が良いことです。区の中心部は蒲田駅周辺ですが、蒲田駅にはJR京浜東北線と、東急多摩川線、東急池上線、京浜急行本線、京浜急行空港線が乗り入れています。5つの路線があることにより、東京都内の様々な場所への移動が便利です。大田区内には羽田空港もあり、都心と、空港の両方に電車1本で行けるため、ビジネスマンにとって住みやすく働きやすい地域です。大田区は、1947年に大森区と蒲生区が合併して誕生しました。主な地域はそれぞれが独立した区・町だった時代と同じく、大森、蒲田、調布、糀谷・羽田の4つに分けらます。 大田区には、温泉があります。都内最大の温泉スポットでもあり、古くから銭湯として利用されてきました。泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物鉱泉といったミネラルが豊富で、冷え性や神経痛、疲労の改善などが期待されています。銭湯の形式をとっているところが多いので、気軽にいくつもの温泉を楽しめます。 羽田空港を中心とした国際化にも取り組んでおり、外国人観光客の集客を見込んでいます。特に、「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」に指定された民泊の管理などにも積極的で、外国人観光客が滞在できる場所を確保し、観光産業の振興につなげていこうとしています。

大田区の健康・医療

東京都大田区は、「児童医療費助成制度」があり、大田区内に在住する中学3年生までの児童の医療費が助成されます。健康保険で診察を受けた時の自己負担分と、薬剤費などが対象です。大田区の一般診療所は、564か所あり、人口10万人につき81.34か所と、全国平均の68.42か所を上回っています。また、大田区には「39歳以下基本健康診査」という、有料の健康診断サービスがあり、職場などで検診を受ける機会がない人が、市の健康診断サービスを受けられます。実施医療機関に行って、各自で健康診断を受けるという仕組みです。40歳以上の人には「大田区健康診査」があります。
これから妊娠・出産する人のために、「大田区きずなメール」という、子育て情報を配信するシステムもあります。大田区在住の妊婦とその家族、3歳未満の乳幼児の保護者とその家族を対象に配信されています。妊娠期から専門職の職員がサポートする「かるがも」という支援サービスもあり、助産師、保健師、看護師との面談を通じて、心とからだの健康を支援し、出産前までに面接が終わった妊婦さんには、大田区から「子育て応援グッズ」というプレゼントが用意されています。

保険コラム 公的保険と民間保険

保険には、公的保険と民間保険の2種類があります。公的保険には、国民健康保険や介護保険、労働保険などがあり、一定の年齢に達した段階で加入が義務づけられています。 一方、民間保険とは民間の保険会社が提供しているサービスで、生命保険や医療保険などがあり、契約するかどうかは個人の自由です。加入している人もいれば、加入していない人もいます。
公的保険と民間保険は、それぞれ全く別の分野をカバーする保険というわけではなく、保障対象が重なっている部分も多くあります。例えば公的保険と民間保険、どちらも病気やケガの治療に対して保障金を給付する内容のものがあり、公的保険だけで十分な保障が受けられるのであれば、民間保険にわざわざ加入する必要はありません。
しかし、特定の疾病に対しての治療、例えばがん治療などは公的保険の保障対象に入っておらず、先進医療特約付きの民間医療保険に加入していなければ治療費の負担を軽減することができません。
公的保険ではカバーしきれない範囲の保障を、民間保険でカバーする。公的保険と民間保険は、このように互いを補い合う関係にあるといえます。 保険への加入、またはすでに加入している保険見直しをする際には、この「どこまで公的保険でカバーし、どこから民間保険でカバーするのか」を十分に考える必要があります。万が一のときの安全と、毎月支払う保険料とのバランスを考え、自分にとって最善の保険に加入することが大切です。
公的保険と民間保険のバランスを選ぶ際にも、保険相談・保険見直しのプロであるファイナンシャル・プランナーにご相談ください。新規加入の保険相談、保障内容を考え直す保険見直しなど、保険に関してのあらゆる問題にファイナンシャル・プランナーがお答えします。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ