「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/07/28 現在)

年代別保険の選び方

20代の保険の選び方

独身で1人暮らしの人、結婚している人、子どもがいる人など、20代は家族構成や生活スタイルが多様な年代ではないでしょうか。病気や死亡のリスクが低い20代のうちは保険は必要ないと考えている人も多くいるでしょう。しかし、20代は他年代と比べると一般的に「低収入である」というリスクが存在します。ここでは、まだまだ収入の少ない20代が考えるべき保険についてご紹介します。

20代の保険選びとは

就職して間もない20代と家族を支える30代・40代では当然考えられるリスクは異なります。20代で考える必要があるリスクは、30代・40代に比べて一般的に低収入であることです。貯金が不十分である間は、それを補う保障を用意する必要があります。
貯金が少なく、毎月の生活がぎりぎりである時に大病を患ってしまったとしたら医療費の負担は家計に大きな影響を与えます。既に結婚して子どもがいる家庭であれば病気や万一の事態には、単身者よりも大きな影響があるでしょう。そのため、少ない保険料で大きな保障を得られる保険は、若い世代にとってメリットがあります。保険には入院や手術のリスクに備える医療保険、がんのリスクに特化したがん保険、死亡のリスクに備える定期・終身保険など様々な種類があり、その保障内容や保険料も保険会社によって異なります。現在の家族状況などに応じて自分に合った保障を選びましょう。
また、20代は生活が大きく変わる可能性がある世代でもあります。結婚、出産、住宅購入など、様々なライフステージの変化を迎えることでしょう。そのため、せっかく保険に加入したのに無駄になってしまったということがないように、将来を見据えてライフプランをしっかり立て保険を検討する必要があります。

20代の医療保険の選び方

20代が医療保険を考えるうえでのポイントは、「貯金があるか、ないか」です。
日本は、国民皆保険により全員が何かしらの健康保険に加入していて、多くの人は保険証を窓口で提示すれば3割負担で治療を受けることができます。さらに、高額療養費制度により、1か月の医療費の自己負担は所得によって異なりますが、多くの人が約8万円程です。加えて、入院時には治療費の他に食事代や差額ベッド代など自己負担が必要になり、入院1日の自己負担は平均で21,000円といわれています(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/2013年度)。つまり、医療保険が必要か否かはこの費用を1か月や2か月など一定期間支払っても問題ないか否かで決まるでしょう。
既に家族がいる人は、長期の入院が必要になった場合、治療代だけでなく家族の生活費がプラスで必要になることもあるでしょう。また、一般的に保険料は年齢が上がると負担が増えるため、若いうちに終身契約で準備することで将来の負担を減らすという考え方もあります。
医療保険は入院や手術の際に契約内容に応じて給付金を受け取る事ができる保険です。さらに、通院時に給付金を受け取れる特約、がんと診断された場合一時金を受け取れる特約、加入してから定められた期間給付金請求がなかった場合にお祝金を受け取れる特約など、様々な特約を付けることができるものもあります。医療保険といっても保険会社やプランによって保障内容は様々で、あなたの目的に応じてカスタムをすることができます。
20代は初めて保険を考える人が多いでしょうから、親など身近な人からアドバイスをもらったり、ファイナンシャル・プランナーに相談してみることをおすすめします。

保険を使って貯蓄する

保険というと、病気や万が一の時にご自身や家族の生活を経済的に支えるものと考えている方の方が多いのではないでしょうか。しかし、保険には、万が一の場合の備えでありながら、同時に将来のための貯蓄ができる商品もあります。
保険で貯蓄ができる理由は、保険会社が契約者から預かった保険料を有価証券などで安定的に運用をして増やす努力をしているからです。そのため、保険に加入することで間接的に保険会社に資産の運用をしてもらっているということになります。貯蓄に向いている保険の種類は大きく分けて3つあります。学資保険、終身保険、保険個人年金保険です。中でも20代が貯蓄を目的として保険を検討する場合、おすすめなのは終身保険です。
終身保険は、被保険者が亡くなった場合に保険金を受け取れるものですが、長く継続してから解約することで、支払総額よりも大きい返戻金を受け取ることができます(※短期間で解約した場合には返戻金が元本を下回る可能性もあります)。長く継続した分だけ支払総額よりも大きい返戻金を受け取れるため、低リスクで銀行よりも良い利率で貯蓄をしたいという方にはぴったりな貯蓄方法です。

20代はまだまだ貯蓄が少なく、これからライフステージが大きく変わっていく世代です。先を見据えた保険選びをしなければ、すぐに見直しが必要になり場合によっては損になる可能性もあります。特に貯蓄目的で保険に加入する場合は、数年で解約すると元本割れの可能性が高くなりますので、貯蓄として意味をなすためには長期間続けられるかどうかを考えなければいけません。現時点でどれくらいの貯蓄があるのか、家族の状況からどのような保障が必要か、今後どんな生活を送りたいのかなど、現状の把握と未来の計画が、20代の保険選びには特に重要です。

ファイナンシャル・プランナーから保険相談についてアドバイス

ライフプランのご相談 家計診断のご相談 住宅ローンのご相談 教育資金のご相談 保険のご相談 老後資金のご相談
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ