「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/05/28 現在)

年代別保険の選び方

30代の保険の選び方

30代は子どもが生まれて家族が増えたり、家を買うことを検討し始める時期ではないでしょうか。想像もしたくないとは思いますが、支出が増えるこの時期に一家を支える大黒柱に病気や万一の事態が起こってしまった場合、家族が路頭に迷わないように準備しておく必要があります。
しかし、不安から必要な保障以上の保険に加入してしまってはもったいないです。子どもの教育や住宅資金など、30代はお金がかかるものですので、無駄なく保障を準備することが必要になります。ここでは30代の保険の選び方についてご紹介します。

30代の医療保険の選び方

30代は、まだまだ若く、病気のリスクが低いと考えがちですが、がん等の生活習慣病は年齢とともに罹患率が上昇します。特に女性の場合30代を越えると婦人科系の病気のリスクが徐々に高まります。例えば、乳がんは30代から罹患率が上昇し始めますので、30代でも定期的に健診をするなど注意が必要な病気です。
また、30代はまだ保険に加入していない人も多いでしょう。既に十分な貯蓄があれば医療保険に加入する必要は低いですが、子どもがいて今後支出が多く見込まれる人や家族を養う立場にある人は、治療費で家計を圧迫しないように、医療保険やがん保険でしっかり準備をしておきましょう。
また、医療保険はもう少し年齢を重ねてから考えたいという方もいると思いますが、保険はリスクが高まる程保険料も上昇します。一般に年を重ねるごとに病気にかかるリスクが上昇しますので、保険料も年齢とともに上昇傾向にあり、30代で加入する方が50代・60代で加入するよりも月々の負担は少なくなります。若いうちに終身で加入し将来の負担を減らすことも検討してみてもよいでしょう。

家族が増えたら生命の見直しをしましょう!

生命保険は、被保険者が亡くなった場合に保険金を受け取る事ができる保険です。30代の場合、まだ子どもが小さい方が多いでしょう。もし一家を支える大黒柱が亡くなってしまったとしたら、子どもの将来はもちろん心配ですが生活すら立ち行かなくなる恐れがあります。その場合に備え、子どもが小さいうちは十分に備えておく必要があります。
保険で万一の事態に備える場合、下記の3種類が考えられます。

1、定期保険
定期保険はその名のとおり一定期間のみ保障を得ることができる保険です。基本的に掛捨で解約返戻金がない代わりに保険料が割安です。少ない金額で大きな保障を得る事ができるため子どもが小さい時におすすめです。

2、終身保険
終身保険は保障が一生涯続く保険です。そのため、何歳で亡くなったとしても保険金を受け取る事ができます。定期保険とは異なり、解約した場合には解約返戻金があるため、将来のための貯蓄としても活用する事ができます。ただし、解約返戻金がある分定期保険に比べ保険料は割高になります。

3、養老保険
養老保険は保障と貯蓄の両方を備えた保険です。保障期間が定められており、期間中に亡くなった場合には保険金を受け取る事ができ、満期時には死亡保険金と同様の満期保険金を受け取ることができます。ただし、一般的に保険料は終身保険よりも割高になります。

定期保険と終身保険を組み合わせて、子どもが小さい時には定期保険で保障を確保し、終身保険は老後の年金や葬祭費用として活用する方法などもあります。目的に応じて種類を選び、保険金額を設定しましょう。

学資保険で教育資金を貯める

教育資金は子どもの進路によっても変わりますが、文部科学省の「子どもの学習費調査(2014年度)」では、幼稚園3歳から高校卒業までの15年間を全て公立に通った場合約523万円、全て私立に通った場合は約1,769万円もの教育費が必要と報告されています。大学や専門学校へ進学する場合の方が多いでしょうから、さらにプラスして教育費用を見込んでおく必要があります。このような大金を用意するためにはやはり時間をかけてコツコツ準備しなければなりません。
学資保険の場合この「コツコツ準備する」に適しているといえます。その理由としては、以下の2点が挙げられます。

・通常支払った保険料以上の満期金(返戻金)を受け取ることができる
・自動的に引き落とされ解約しない限り使用する事ができないため、毎月必ず教育費を確保することができ、
 簡単に使用することができない

さらに保険のため、満期金の他にも契約者に万一の事があった場合は以後の保険料の払込が免除になり、教育資金を確保できるのです。
コツコツ貯めることができ、万一の場合の保障もある学資保険はメリットばかりに思われますが、もちろんデメリットもあります。銀行の貯金のように途中で引き出す事ができないため、10年以上の長期間の支払いの間に、もし支払いが厳しくなって満期よりも早く解約をしてしまった場合には元本割れのリスクもあります。5年先、10年先の家計状況はわかりませんが、無理なく継続できる保険金額を設定しましょう。

妊娠中に学資保険に加入するメリット

子どもの学資保険というと出産後に考えがちですが、「出生前加入特則」がついている学資保険であれば、多くの場合は出産の140日前から加入することができます。そして、出産前の加入には2つのメリットがあります。

1、妊娠中に契約者が亡くなった場合もその後の保険料が免除される
想像もしたくないと思いますが、もし出産前に契約者の父親が亡くなってしまったとしても、多くの場合以後の保険料が免除され、契約どおり祝金や満期金を受け取ることができます。父親に万一のことがあった場合、今後の生活費など経済的に非常に不安になりますが、子どもの教育費は確保することができるのです。

2、ゆっくり検討する時間がある
子どもが生まれると育児に思った以上に時間がかかり教育資金を考える時間をなかなか作れないことが多いです。特に初めての出産の場合はわからないことだらけでしょうし、あっという間に時間が過ぎていきます。子どもの大切な教育資金を貯める方法ですし、毎月支払う事になるお金のため、ゆっくり時間をかけて比較・検討ができる出産前に考えることをおすすめします。

また、万一子どもが流産で生まれる前に亡くなってしまった場合、一般的に支払った額は全額戻ってくるので無駄になることもありません。
出産前に学資保険に加入するかどうかは経済状況や考え方によって様々ですが、いずれにしても妊娠中に教育資金について考えておくことをおすすめします。

30代は家族が増える方の方が多いでしょうから、責任が重くなる世代です。あなたが一家の大黒柱であればさらにその責任は重くなるでしょう。子どもが大きくなるまでの期間に家族に何が起きるかは誰にもわかりません。万一のことが起こった時にも家族が幸せに暮らせるように保険で備えると言う方法も選択肢の一つとして考えておきましょう。

ファイナンシャル・プランナーから保険相談についてアドバイス

ライフプランのご相談 家計診断のご相談 住宅ローンのご相談 教育資金のご相談 保険のご相談 老後資金のご相談
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ