「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/07/28 現在)

カテゴリ別保険の選び方

医療保険の選び方

現在日本には国民皆保険制度があり、全ての国民が公的な医療保険(健康保険)に加入することになっていますが、公的な健康保険以外にも民間の保険会社が販売する医療保険があります。
医療保険は病気やケガで入院や手術をした場合に入院給付金や手術給付金が受け取れる保険です。受け取った給付金は病気にかかった際の費用の負担を減らすだけでなく働けなくなった場合の収入の補てんとしても活用できます。簡単に言うと、病気やケガをした場合のあらゆる経済的負担を減らしてくれるものです。ここでは医療保険についてその種類や選び方をご紹介します。

医療保険とは

医療保険とは、病気やケガで入院・手術をしたときにあらかじめ契約で定められた保障(給付金)が受け取れる保険ですが、医療保険の種類はどのようなものがあるのでしょうか。
保障の内容としては、入院したら1日あたり定められた給付金が受け取れる「入院給付金」のほか、「手術給付金」が付いているものが一般的に多く、最近では入院日数の短期化に伴う「通院給付金」や、特約で先進医療技術に対応できる「先進医療特約」などがあります。 入院給付金の額は1日5,000円のものから1日10,000円・15,000円のものまでプランに応じて細かく設定された金額を選ぶことができ、保障される額が大きいほど保険料も高くなっていきます。
また保険の期間(保障期間)に応じて、「定期型」と「終身型」の2つがあり、定期型は保障の期間があらかじめ一定期間または一定の年齢までと定められており、保険期間が満了を迎えたらそのときの健康状態に関係なく自動的に更新できる更新型と呼ばれるものがほとんどです。定期型は一定期間の保障を割安な保険料に抑えて保障をもつことができるため若い世代に特におすすめのタイプですが、一方終身型は名前のとおり一生涯保障が続くため、加入した時の保険料のまま長く継続できることが魅力です。まだ見直しがしやすい若い世代の間に定期型の医療保険に加入しておき、保険料が上昇しやすく健康に不安が出てくる年代に終身型に切り替えるというのも保険の加入方法としておすすめの一つです。
医療保険は、このように保障別、期間別、保障の金額別の違いがあります。

医療保険の必要性

先ほどご説明したように、日本は国民皆保険制度があり、なんらかの健康保険に加入することができるようになっています。それでも民間の医療保険に入るのはなぜでしょうか。公的な健康保険制度では、治療費の負担をおさえることができても、病気やケガをすることで生じる収入の減少や家事・子育てに与える影響までは保障してもらえないからです。
家計を担っているのが夫で、もし夫が会社を休業することになったら、仕事を休んだ日数分、収入は減少します。一定の条件を満たせば加入している健康保険から傷病手当金が支給されることもありますが、収入の満額の保障ではありません。病気が長引いて仕事を長期に渡り休業した場合には、家族の生活を支える大事な収入が大きく減少することになります。また、共働き家庭で夫婦それぞれが家計を支えている場合は要注意です。一方が病気で仕事も家事もできない状態になると、今まで共同でしてきた家事も一人だけに負担がのしかかり、ヘルパーなどの家事代行サービスの利用も検討しなくてはならなくなります。このように、病気やケガが家計に与える影響ははかりしれません。
公的な制度をうまく使いながら、足りない部分を補えるよう医療保険に加入しておきましょう。実際、民間の医療保険を公的健康保険の補助的な役割として入っている人が多く、生命保険文化センターの「2015年度 生命保険に関する全国実態調査(速報版)」によると、民間の保険に加入している世帯加入率は89.2%、そのうち、「医療保険・医療特約」の加入率は91.7%となっています。いざというときの備えに公的保険では足りないと感じ、万が一の時を保障するために民間の医療保険に加入している方がそれだけ多いということなのです。

医療保険の選び方

もともと、医療保険は公的な健康保険制度や会社の福利厚生など万が一の際に受け取れる保障をカバーするための補助的役割として加入するものです。
まず何かあった際に各種制度から受け取れる金額がいくらなのかを確認し、それらの金額を差し引いて必要な保障額を算出します。できれば必要保障額の全額を医療保険で準備したいところですが、前述したとおり保険金額によって保険料が変わってくるため、家計に負担なく継続していける範囲で備えるようにしましょう。保険のプランの選び方で忘れてはいけないのが「継続していけるかどうか」ということです。必要な保障額を全て揃えることにとらわれて本来の家計を圧迫してしまっては本末転倒です。通常、病気やケガをして医療保険から保障(給付金)を受け取っている間も保険料というものは発生するため、万が一の際も無理なく続けていけることが重要なのです。
前述したように、比較的病気にかかりにくい若い世代(20代・30代)の間は定期型を選んで保険料をおさえるというのも負担を軽くする一つの方法です。
ただ、一度病気やケガをしてしまうと次に他の保険に切り替えるときに条件が付いてしまったり、保険そのものに加入できない場合があるため、健診で指摘を受けやすくなり、保険料が上昇しやすい40代以降は終身型の医療保険をもつことをおすすめします。

医療保険のメリット・デメリット

医療保険のメリットは病気やケガなどで入院・手術、通院した時の経済的負担を減らせるということですが、医療の進歩により医療現場で主要となる治療方法が変わってくると保障自体も古くなってしまうというデメリットも存在します。先ほどご紹介した、一定期間の保障を割安な保険料で備えることができる更新型の医療保険に加入することも視野にいれておきましょう。もし20代で終身型の医療保険に加入した場合、平均寿命まで生きると仮定して60年以上同じ保障内容のものを持ち続けるということです。日本の医療は日進月歩で変わっています。60年後も同様の治療が行われているとは考えがたいでしょう。早めに準備しておくことはもちろん大切ですが、更新型の保険をうまく使い、節目節目で定期的に内容を見直すようにしていきましょう。

また、医療保険の注意点として、全ての病気やケガの治療に対応できるわけではないということです。基本的に公的な健康保険で保障されない医療行為(美容目的の医療や正常妊娠・出産にかかる費用)などは保障されません。また、入院給付金や手術給付金と名前が付いていても全ての「入院」「手術」の保障がされるわけではありません。治療の適用範囲については保険会社によっても異なります。いずれも商品のパンフレット等を見てご自身でしっかり確認しておくことが重要です。

病気やケガをする可能性というのは誰にもわかりません。
可能性がわからず予測もできないものだからこそ、万が一のための保障として保険をもっていると精神的にも安心できるのではないでしょうか。共働き家庭で、夫婦で家計を支えているような場合はなおさらです。保険のタイプや選び方によっては保険料をおさえることができるため、小さな保障でも何かしらの準備をしておくと家族皆が安心して生活を送れるのではないでしょうか。

ファイナンシャル・プランナーから保険相談についてアドバイス

ライフプランのご相談 家計診断のご相談 住宅ローンのご相談 教育資金のご相談 保険のご相談 老後資金のご相談
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ