「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:410名(2017/09/25 現在)

カテゴリ別保険の選び方

個人年金保険の選び方

個人年金保険は、老後資金を準備するための保険です。豊かな老後を送るためには、多くの人が公的年金だけでは足りないと不安に感じているのではないでしょうか。公的年金の不足分を補う手段として、個人年金を考える方も多いですが、年金の受け取りを開始できる年齢や期間も選択でき、年金の形態や年金受取開始日前の死亡保障の有無など、タイプも様々です。ご自分のライフプランにあった個人年金保険の選び方をご紹介します。

個人年金保険とは

個人年金保険は、長生きリスクに備える保険です。加入時に定めた受取開始年齢になると、それまで払い込んだ保険料を原資として年金が受け取れます。年金の受取期間も選択できますし、年金受取開始日前に死亡すると、払い込んだ保険料に応じて死亡給付金が支払われます。年金ではなく、一時金として一括で受け取る方式も可能ですが、以下に年金形式での受け取り方法を説明します。

確定年金 保険契約時に5年・10年・15年といった期間を定め、その期間、年金を受け取ることができます。年金の受取期間中に、被保険者が亡くなっても、残りの年金は遺族が受け取ることが可能です。
受け取る年金の総額が確定していますので、元本割れのリスクは原則ありません。
終身年金 公的年金と同じく、生存中は年金を受け取れることができますが、その分、確定年金より保険料は高めです。生きているかぎり年金を受け取れますので、長生きリスクには対応していますが、早くに亡くなると受取額が払込保険料総額を下回る可能性があります。
被保険者の生死にかかわらず一定期間、年金が給付される保証期間があり、保証期間中に被保険者が亡くなった場合は、残りの保証期間に支払われる予定の年金を受け取ることができます。
有期年金 保険契約時に、年金受取期間を定めるのは、確定年金と同じですが、その期間中に年金を受け取れるためには、被保険者が生存していることが条件となります。確定年金より保険料は低くなる傾向があります。
保証期間がある有期年金では、保証期間中は被保険者が亡くなっても遺族が年金を受け取れます。保証期間がない場合は、年金受取期間中に被保険者が死亡すると、払込保険料総額または年金原資から受け取った年金の合計額を差し引いた残額を一時金で受け取れるものが大半です。

保険料の負担感や受け取り方法など、一概にどれが良いとは言えないことがお分かりいただけたでしょうか。この中で、比較的、選ばれているのは確定年金です。年金受取の開始時期は、公的年金を受け取るまでのつなぎとして60歳からに設定される方が多いようです。これには、受け取り開始年齢を59歳以下かつ年金の受取期間を10年未満とすると、個人年金保険料控除の適用が受けられないことも理由と言えるでしょう。

個人年金保険の必要性

老後の主な収入は、公的年金という方が多いのではないでしょうが。
生命保険文化センターが行っている「平成27年度生命保険に関する全国実態調査」では、ゆとりある老後生活を送るためには平均で月35.4万円が必要という結果が出ています。これに対し、平成26年度の厚生年金保険受給者の平均月額は147,513円(厚生労働省年金局「平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」)と、理想と現実の大きなかい離がみられます。
平成27年度生命保険に関する全国実態調査

出典:(公財)生命保険文化センター「平成27年度生命保険に関する全国実態調査」
厚生労働省年金局「平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」

豊かで安心な老後を送るためには、この差を少しでも埋めるための老後資金の準備が必要不可欠です。投資よりは安全性が高く、貯金よりは収益性が優れている個人年金保険は、その有力な手段の一つと言えるでしょう。

個人年金保険の選び方(戻り率、受け取り方など)

個人年金保険も数多くの保険商品が各保険会社から販売されています。老後資金づくりという明確な目的を満たすためには、何をポイントに選べばよいでしょうか。
まず、ご自身の老後に向けてのライフプランをしっかり考える必要があります。会社に勤めておられるのであれば、勤務先の会社の定年が何歳なのか、再雇用制度はあるのかなどによっても考え方は変わってきます。老後のライフプランが見えてきたら、それに合わせて、年金の種類を決め受取開始年齢と受取期間を決めましょう。長生きのリスクを重視するのであれば「終身年金」、元本割れのリスクを回避したいのなら「確定年金」が良いでしょう。多少リスクが増えても収益性を重視するのなら、「変額年金」や「外貨建て年金」という保険商品もあります。
この3つが定まったら、保険商品の選定です。ここで最も重視するのは、支払保険料総額に対して、将来受け取れる年金がいくらになるのかを表す返戻率です。返戻率は、年金受取総額÷保険料支払総額×100で求めます。老後の資金作りという観点から、最も重要なポイントといえるでしょう。保険料・支払期間・保険期間が異なると、どちらの保険が有利かの判断が難しくなりますので、この条件を一緒にした場合の返戻率の差を、候補の商品間で検討することも大事です。

個人年金保険のメリット・デメリット

老後資金を準備する方法もさまざまです。その中で、老後資金を個人年金保険で用意するメリットは何なのかをしっかり理解して加入しましょう。
一般に、資産形成を考えるときには、3つの要素があります。

流動性~現金への換金のしやすさ
安全性~預け入れた元本の保証
収益性~受け取る利益の大き

個人年金保険は、何かあったときに使えるお金を貯めることが目的ではありません。繰り返しになりますが、老後といった将来を見据えての資金作りが目的です。そのためには、こつこつと確実に貯めることが大切です。ですが、急にまとまったお金が必要になることも人生には起こりえます。そのようなときは、個人年金保険の場合、解約することも可能です。流動性という点では、銀行預金より低く、確定拠出年金よりは高いと言えます。
ただし、解約すると解約返戻金を受け取ることは出来ますが、元本を割り込む可能性が高いです。解約返戻金の戻り率は、保険証券に記載されていますので、よく確認しておきましょう。終身年金を選択していた場合も亡くなる年齢によっては、払込保険料の総額よりも受け取った年金額が下回ることも考えられます。個人年金保険は、基本元本保証と考えてよいですが、安全性という点では100%ではないと理解しておきましょう。
最後に収益性ですが、銀行預金ではほとんど利息がつかない状況が続く昨今では、個人年金保険は優れているといえます。
安全性と収益性はトレードオフの関係ですが、個人年金保険は、老後の生活を支える資金として、バランスのとれた金融商品だといえます。

老後資金を準備する手段として、個人年金保険は安全性と収益性を兼ね備えた金融商品です。ご自身のライフプランに合わせて個人年金保険も検討してみましょう。受取開始年齢や期間など、公的年金の受給想定額などを試算する必要もありますので、どのような個人年金保険が最適かファイナンシャル・プランナーに相談してみるのも良いでしょう。

ファイナンシャル・プランナーから保険相談についてアドバイス

ライフプランのご相談 家計診断のご相談 住宅ローンのご相談 教育資金のご相談 保険のご相談 老後資金のご相談
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ