「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/07/28 現在)

ライフステージ別保険の見直し

妊娠・出産した時

妊娠・出産は人生の一大イベントです。妊娠中は、これから生まれてくる赤ちゃんのために必要なものを揃えるなど、出産の準備で大忙し。
そして出産後は新しい命の誕生の喜びの余韻に浸る間もないまま、赤ちゃんのお世話で目まぐるしい日常が始まります。そんなときに保険の見直しを考える余裕なんてない、という方が多いのではないでしょうか。
しかし、新しく家族が増えるということは、事故の心配やこれからの教育など新しいリスクも増え、家計に与える影響も大きくなるということです。家族の将来のためにも、少しでも早く保険の見直しをすることをおすすめします。ここでは、妊娠・出産を機に保険を見直すポイントをご紹介します。

妊娠・出産による保険見直しについて

たとえ今妊娠していなくても、近い将来子どもを持つことを考えているのであればなるべく早い段階で保険について考えておいたほうが良いでしょう。特に医療保険は、妊娠中や出産後に加入しようとしても条件が付いてしまったり、加入そのものができないものがあるからです。
妊娠・出産は基本的に病気ではなく、治療が必要なトラブルを除いては健康保険の対象外となり、民間の医療保険でも正常分娩は保障の対象外です。しかし、近年増えている帝王切開による出産は異常分娩とみなされるため、一般的な医療保険だと保障が適用になります。
そのため、身体面でも費用面でも負担のかかる帝王切開になった場合には少しでも保険の力を借りたいと、妊娠を機に医療保険を考える女性が多いのです。
しかし、前述したとおり妊娠中や出産後は条件が付いてしまうこともあります。より良い条件で加入するためにも、子作りを意識したら妻の医療保険については早めの見直しをしておきましょう。

万が一のそなえ・死亡保障

子どもが小さいうちに両親に万が一のことがあった場合、経済的なリスクはかなりのものになります。近年では共働き家庭が増え、夫も積極的に育児に参加し、妻が出産後も働き続ける家庭が増えてきました。
夫のみが家計を支えて妻は専業主婦といった従来の世帯スタイルは少なくなりつつあります。
死亡保障を考えるときには、夫だけではなく妻に万一のことがあった場合のことも視野に入れて保険の見直しをしましょう。
また、もしもの時に生じるのは経済的なリスクだけではありません。たとえ妻が専業主婦の家庭であっても、妻に何かあった際には子育てや家事、今まで妻に任せてきた諸々の事柄がすべて夫にのしかかることになります。実家の両親が手伝ってくれるなどの環境があれば幸いですが、そうでない場合には毎日の保育園の送り迎えや家事をこなすため、夫が転職や転居を余儀なくされることもあるでしょう。
夫婦どちらかに不幸があった場合に頼りになる家族はいるのか、収入はどう確保するのか、あらゆるケースを想定して必要な保障を準備しましょう。死亡保障で必要な金額を必要保障額と呼びますが、保障額は多すぎるとその分保険料が高くなり家計を圧迫してしまいますし、少なすぎてもリスクに備えることができません。
必要保障額の計算は、子どもが独立するまでに遺された家族が生活していけるだけの必要金額から、万が一の際に家族に入ってくる金額を引いた金額です。やみくもに必要金額ばかりを計算するのではなく、遺族年金はいくらもらえるのか、住宅ローンはどうなるのかなど「遺された家族に入ってくる金額」をしっかり確認したうえで最適な必要保障額を計算しましょう。必要保障額は、家族の数だけあらゆるケースが存在します。家族構成が同じ家族であっても、仕事や周りの環境によって必要保障額が大きく異なります。「一般的に大体これくらいだろう」という考え方ではなく、「自分の家族に必要な保障額はいくらか」をしっかりと考えることが重要です。

教育資金の準備・学資保険

子どもが生まれたら、まず考えるのは教育資金のことではないでしょうか。
教育資金はその性質上長期にわたり計画的に準備していく必要がありますが、その準備に適しているのが学資保険です。学資保険は、子どもの将来の教育資金をコツコツ積み立てておける貯蓄型の保険です。貯蓄性を重視した学資保険は、支払ったお金(保険料)以上に受け取れるお金(満期金)が大きいものが多く、確実に子どもの教育資金を準備することができます。
ただし、基本的に長期間に渡って積み立てていくものなので子どもの年齢が上がるにつれて積立期間が短くなり、貯蓄性が低くなっていくのが一般的です。学資保険を利用するとしても、しないとしても、教育資金の準備は早いにこしたことはないのです。
そのため、妊娠を機に子どもはあと何人ほしいのか、この先どういう教育を受けさせたいのか、もし余裕がない場合に奨学金の利用も視野に入れるのかなど、夫婦でしっかりと話し合い、子どもが独立するまでの子育て・教育のプランを明確にすることが重要です。

妊娠・出産を機に保険の見直しをするポイントをご紹介しましたが、最も重要なのは夫婦で明確な将来設計、ライフプランを描くことです。将来のプランが明確であれば、あとはそこに付随するお金の問題をどうクリアしていくか、あらゆるリスクに対し保険でどのように備えるかがおのずと見えてきます。本当に必要な保障を準備するためにも、今一度家族の将来について、夫婦でしっかりと話し合ってみてはいかがでしょうか。

ファイナンシャル・プランナーから保険相談についてアドバイス

ライフプランのご相談 家計診断のご相談 住宅ローンのご相談 教育資金のご相談 保険のご相談 老後資金のご相談
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ